TAC出版

消防設備士6類 超速マスター

  • その他資格:設備

  • 資格対策書

定価 3,240円(本体価格+税)

会員価格
2,754円(本体価格+税)

15%OFF!

消防設備士6類短期合格を目指すためのテキスト&問題集!
学習スタートから直前総まとめまで幅広く役立つ一冊です!!

書籍コード番号: 04538

奥付日付: 2012-05-01


ページ数: 294 ページ

判型: A5

刷り色: 2C


ISBNコード: 9784813245384

定価 3,240円(本体価格+税)

会員価格
2,754円(本体価格+税)

会員なら送料無料 詳細

在庫なし

※ご購入・お申込後のご注文取消、
お客様都合による返品は承っておりません。

この書籍を買った人は、こんな書籍を買っています

書籍内容

解説がわかりやすい!
消防設備士6類試験短期合格を目指すためのテキスト&問題集!
学習スタートから直前総まとめまで幅広く役立つ一冊です!!


第6類消防設備士は、業務用消火器の整備や点検を行うために必要な資格です。
甲種・乙種2種類の免状がある消防設備士の中で、第6類消防設備士は「乙種」のみとなっています。
乙種は受験資格がないので、学歴や実務経験に関わらず、誰でも受験が可能です。

本書は、予備知識ゼロからでも学習できるように、基礎からできるだけ
丁寧な解説をしてあるため、学習スタートから直前総まとめまで幅広く役立つ一冊となっています。

◆ 本書の特徴 ◆
・ テキスト&問題集一体型!

この一冊でインプットとアウトプットが可能!
各節ごとに問題も掲載しているので、合格に必要な実力が身につきます!!

・ 図版が多いのでスイスイ頭に入る!
無味乾燥な解説になりがちな消防設備士のテキストですが、
本書は図を多用し、なるべく視覚的に理解できるように工夫をしました!

・ 丁寧な解答解説で、どんな問題もスッキリ理解!
各節末にある問題が解けなくても、丁寧な解答解説でしっかり理解できるようになります!
また、覚えやすいように語呂合わせや図表も充実。
解答解説部分は直前期対策にもぴったりです!


※本書を使用して講義・セミナー等を実施する場合には、小社宛許諾を求めてください。
→お問合せフォームはこちら

目次

はじめに
受験案内

第1章 機械に関する基礎知識
[1] 「力」について
「力」とは
1 力とは
2 力の三要素
3 力の合成
4 力の分解
5 つり合う力
6 力のモーメント
7 平行力のつり合い
運動と仕事
1 速度
2 加速度
3 等加速度運動
4 自由落下運動
5 物体を投げ上げる場合
6 運動の法則
7 摩擦力
8 仕事
9 動力(仕事率)
10 滑車
チャレンジ問題

[2] 材料について
荷重と応力
1 荷重
2 応力
3 ひずみ
4 応力とひずみ
5 許容応力と安全率
6 はり
7 ねじ
金属材料
1 金属の性質
2 合金
3 金属の熱処理
4 鉄鋼
圧力について
1 大気圧とゲージ圧
2 水圧の計算
3 パスカルの原理
4 ボイル・シャルルの法則
チャレンジ問題

第2章 消防関係法令
[1] 消防関係法令(各類に共通する部分)
防火対象物
1 防火対象物とは
2 消防対象物との違い
3 特定防火対象物
4 複合用途防火対象物
5 無窓階
火災の予防
1 消防の組織
2 屋外における火災予防(消防法第3条)
3 立入検査(消防法第4条)
4 防火対象物に対する措置命令(消防法第5条)
5 消防の同意(消防法第7条)
防火管理者
1 防火管理者とは(消防法第8条)
2 防火管理者を置かなければならない防火対象物
3 防火管理者の業務
4 共同防火管理(消防法第8条の2)
防炎規制
1 防炎防火対象物(消防法第8条の3)
2 防炎対象物品
危険物施設
1 危険物とは
2 製造所等
3 製造所等の設置・変更
4 危険物取扱者
消防用設備等の設置
1 消防用設備等の種類(消防法第17条第1項)
2 消防用設備等の設置単位
3 附加条例(消防法第17条第2項)
4 既存防火対象物に対する適用除外(消防法第17条の2の5)
5 用途を変更した場合の適用除外(消防法第17条の3)
消防用設備等の設置の届出と点検
1 設置したら届出が必要(消防法第17条の3の2)
2 消防用設備等の点検と報告(消防法第17条の3の3)
3 消防用設備等の設置・維持命令(消防法第17条の4)
消防設備士制度
1 消防設備士でなければできない業務(消防法第17条の5)
2 消防設備士の免状
3 免状の交付・書換え・再交付
4 消防設備士の義務等
検定制度
1 検定制度とは
2 検定対象機械器具
チャレンジ問題
[2] 消防関係法令(第6類に関する部分)
消火器の設置
1 消火器の設置が必要な防火対象物
2 階数や設備によって設置が必要になる場合
能力単位
1 必要な消火器本数の求め方
2 能力単位の算定基準面積
3 少量危険物・指定可燃物・電気設備・火気を使用する場所
4 消火器の設置距離
5 大型消火器の設置
消火器具の設置基準
1 消火器具の種類と適応性
2 地下街等に設置できない消火器
3 消火器具の設置個数の減少
4 消火器具に関する基準の細目
5 危険物施設に設置する消火器
チャレンジ問題


第3章 消火器の構造と機能
[1] 消火器の構造
燃焼と消火の理論
1 燃焼の三要素
2 消火の四要素
消火器の分類
1 消火剤による分類
2 加圧方式
3 適応火災
4 運搬方法
各消火器の構造と機能
1 水消火器
2 強化液消火器
3 機械泡消火器
4 化学泡消火器
5 二酸化炭素消火器
6 ハロゲン化物消火器(ハロン1301)
7 粉末消火器(蓄圧式)
8 粉末消火器(ガス加圧式)
9 車載式消火器
チャレンジ問題

[2] 消火器の規格
消火器の規格
1 大型消火器(規格省令第2、9条)
2 操作の機構(規格省令第5条)
3 消火薬剤の規格(規格省令第7条)
4 自動車用消火器(規格省令第8条)
5 放射性能(規格省令第10条)
6 使用温度範囲(規格省令第10条の2)
7 使用済みの表示(規格省令第21条の2)
8 塗装(規格省令第37条)
9 消火器の表示(規格省令第38条)
10 住宅用消火器
部品に関する規格
1 キャップ(規格省令第13条)
2 ホース(規格省令第15条)
3 ノズル(規格省令第16条)
4 ろ過網と液面表示(規格省令第17、18条)
5 安全栓(規格省令第21条)
6 安全弁(規格省令第24条)
7 加圧用ガス容器(規格省令第25条)
8 圧力調整器(規格省令第26条)
9 指示圧力計(規格省令第28条)
チャレンジ問題

[3] 消火器の点検と整備
消火器の点検
1 外観点検と機能点検
2 確認ロットの作成
3 放射試験
4 一般的留意事項
消火器の外観点検
1 本体容器
2 安全栓と使用済み表示装置
3 キャップ
4 ホース、ノズル
5 指示圧力計
6 安全弁
7 ガス導入管(車載式消火器)
8 機能点検が必要な場合(まとめ)
内部および機能の点検
1 蓄圧式消火器の分解
2 蓄圧式消火器の充てん
3 ガス加圧式消火器の分解
4 ガス加圧式消火器の充てん
5 反応式消火器(化学泡消火器)の分解
6 反応式消火器(化学泡消火器)の充てん
7 耐圧性能試験(水圧試験)
チャレンジ問題

第4章 実技試験
[1] 鑑別問題
消火器の種類
1 消火器の種類を見分けよう
2 加圧方式の見分け方
3 消火作用と適応火災
4 車載式消火器
消火器の構造
1 消火器各部の名称
2 消火器の部品
3 点検用工具
チャレンジ問題

索引

あなたが最近チェックした商品