TAC出版

「格安航空会社」の企業経営テクニック

  • 一般書・実務書

  • 経営

定価 1,296円(本体価格+税)

会員価格
1,102円(本体価格+税)

15%OFF!

今話題のLCCのビジネスモデルと
企業マインドが裏側までわかる1冊!

書籍コード番号: 04560

奥付日付: 2012-02-14


ページ数: 202 ページ

判型: B6変


ISBNコード: 9784813245605

定価 1,296円(本体価格+税)

会員価格
1,102円(本体価格+税)

会員なら送料無料 詳細

在庫あり

数量

※ご購入・お申込後のご注文取消、
お客様都合による返品は承っておりません。

この書籍を買った人は、こんな書籍を買っています

書籍内容

今話題のLCCのビジネスモデルと
企業マインドが裏側までわかる1冊!


「格安航空会社」の企業経営テクニックがこの1冊に!

◆ 日本におけるLCCの印象とは ◆
世界で急成長しているLCC(Low-Cost Carrier:格安航空会社)
その波がいよいよ日本にも押し寄せてきました。
しかし残念なことに、日本においてLCCは、「航空券を安売りする、いわゆる“薄利多売”の航空会社」と思われている傾向にあります。
それどころか「二流どころの航空会社なのでは?」と思っている方も少なくないでしょう。
しかし、それは誤解です!
現実にはLCCは薄利多売ではないのです。

◆ では、どのような仕組で利益をあげているのか ◆
勿論、今までと同じ手法ではなかなか利益は上がりません。
そこにはやはり、従来とは異なるカラクリ、すなわち「ビジネスモデル」が存在するのです。
本書ではLCCのビジネスモデルを理解するにあたり、「超低コストの公式」「高搭乗率と利益の公式」という
2つの公式に加え、成功しているLCCにみられる「社員の力を倍にする秘密」を紹介しています。
さらに、外食チェーンやアパレルなど、他業界にもみられるこれらの“公式”にそった具体的な事例をも取り上げて解説を付しています。

LCCは日本の航空輸送の常識を大きく変えていくことになるはずです。
本書が皆様にとって、何らかの参考になれば幸いです。


■┓ \\ ご愛読感謝プレゼントキャンペーン中! //
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〜 2012年12月31日まで 〜


★詳しくは こちらをクリック!

目次

はじめに

第1章 格安航空会社の経営理論とビジネスモデル
1.格安航空会社の誕生
2.格安航空会社の「ビジネスモデル」とは?
3.ビジネスモデルを忘れた航空会社
「ピープル・エキスプレス航空」の例
4.ビジネスモデルから導かれる2つの公式
5.LCCとFSAの業績状況

By the way(コラム)

第2章 超低コストの公式
1.LCCとFSAのコスト差の実態
2.「多い座席」のコスト効果
3.低コストの原点は機材の選択にある
4.徹底した選択と集中を行う
5.機材の稼働率を高めることがコストに与える影響
6.費用項目別にコスト差を概観する
7.LCCのコスト構造上の事業リスク
8.超低コストの公式から学ぶコスト削減法
第2章のまとめ

By the way(コラム)
第3章 高搭乗率と利益の公式
1.「超低コスト」はあくまでも一つの条件
2.「高い搭乗率」が成否の分かれ目
3.「高い搭乗率」を得るためには?
4.LCCの運賃体系と価格設定
5.話題づくりと宣伝のための超低価格
6.付帯収入がもつ意味と効果
7.「高搭乗率と利益の公式」から学ぶ儲けのヒント
第3章のまとめ

By the way(コラム)

第4章 スタッフの力が倍になる秘密
1.公式を実現するのは「人の力」
2.企業文化を築き、たえず活性化させるのは、
強いリーダーシップ
3.「スタッフまるごと」の一体感が生んだ成果
4.求む、魅力あるリーダー
第4章のまとめ

By the way(コラム)

あとがき
参考文献

あなたが最近チェックした商品