TAC出版

あのヒット商品はなぜ売れるのか? ─気軽に読むマーケティングのツボ─

  • 一般書・実務書

  • ビジネスで成果が上がる! ビジマルシリーズ

定価 950円(本体価格+税)

会員価格
855円(本体価格+税)

10%OFF!

【実在の商品・サービスの「売れる秘密」を満載!】
ごく気軽に読み進め、知らず知らずのうちにマーケティングの基礎知識が身につく一冊!

書籍コード番号: 05197

奥付日付: 2013-04-01


ページ数: 240 ページ

判型: B6変

刷り色: 1C


ISBNコード: 9784813251972

定価 950円(本体価格+税)

会員価格
855円(本体価格+税)

会員なら送料無料 詳細

在庫僅少

数量

※ご購入・お申込後のご注文取消、
お客様都合による返品は承っておりません。

あなたにおすすめの商品

この書籍を買った人は、こんな書籍を買っています

書籍内容

【実在の商品・サービスの「売れる秘密」を満載!】
気軽に読み進めると、知らず知らずのうちにマーケティングの基礎知識が身につきます!

★話の「ネタ」が、いつの間にか仕事の「タネ」に変わってる!★
本書では、実在の商品やサービスの売れる秘訣を、
ごく気軽に読み進められるように、わかりやすく紹介しています。
誰かと話すときに、「あの商品の戦略はね…」と
少し自慢げに話していただいてもいいでしょう。
そうしているなかで、知らず知らずのうちに
マーケティングの基礎知識が身についているのです。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
「モノが売れない時代」といわれるこの時代にあっても、
売れている商品やサービスはあります。
そんなヒット商品はなぜ売れているのでしょうか。

本書は、ヒット商品に秘められた売るための戦略を分析し、
マーケティング理論を中心とした代表的なビジネス理論を使って解説します。

実在の商品やサービスの話だから、「へぇ、そういうことなのか」と
ごく気軽に読み進めていただけます。
知らず知らずのうちにマーケティングの基礎知識が身につく本です。
*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

■本書で取り上げている商品・サービス例■
アリエールレボ/オタフクソース/明治ブルガリアヨーグルト/YOSOOU/
前原光榮商店/ネスカフェ バリスタ/カルピス・・・など多数


【監修者略歴】
有限会社金森マーケティング事務所代表。
グロービス経営大学院客員准教授、青山学院大学経済学部非常勤講師。
コールセンター、コンサルティング事務所、広告会社を経て2005年独立。

一貫してマーケティングにおける「顧客視点」の重要性を説き、
企業へのマーケティング戦略・事業戦略に関するコンサルティングと
人材育成・研修を展開。
著書多数。『ポーター×コトラー 仕事現場で使えるマーケティングの実践法が
2.5時間でわかる本』(TAC出版)の共著・監修も行う。

目次

はじめに

Prologue ヒット商品を読み解くための
マーケティング基礎知識

マーケティングのプロセスは、
環境分析→戦略立案→施策立案
1.プロセス(1)環境分析
〜戦略を方向づけるための第一歩〜
2.プロセス(2)戦略立案〜目的を明確にする〜
3.プロセス(3)施策立案〜具体的な方法論〜

Chapter1 マーケティングの基本理論で
ヒット商品を見てみると

1.若者のライフスタイルと心に刺さった
「JANJANソースやきそば」
2.独自技術+消費者ニーズ+流行…
足し算の魅力「ヘルシアスパークリング」
3.ターゲットを絞って購入率アップ
「就活Vスーツ」でコナカもV
4.家族向けブランドゆえに最強
「メリット」の母娘用トリートメント
5.エコ路線で20億本突破
絶妙なポジショニングの「い・ろ・は・す」
6.ビジネスマンに特化した
スーパーホテルの取捨選択
7.消費者ニーズの変化を読み取り
成功を続ける「ドロリッチ」の戦略
8.スポーツ飲料のその先へ
「アクエリアス ゼロ」の快進撃
9.指名買いされる便器「アラウーノ」の
うれしいイノベーション
10.「水を得たオトナ」を得た
サンシャイン水族館の復活劇

Chapter2 ライバル商品に打ち勝つ
ヒット商品の戦略

11.期間限定の「クォーターパウンダー」が
マクドナルドの定番になるまで
12.トッピング豊富なガッツリ系バーガー
「バーガーキング」のニッチ攻め
13.ニッチを掘り下げ、大きく育てる
オタフクソースの顧客育成計画
14.P&Gのコンパクト液体洗剤は
「予防洗い」で競合も予防
15.オトナ向けアイスの新ジャンルを開拓
デイリープレミアムの「PALM」
16.脇役だった香りを主役へ
「レノアハピネス アロマジェル」
17.期限切れの他社割引券を活用
「はなまるうどん」の伝説的奇策
18.”おいしいウコン飲料”をつくれ!
「リアルウコン」の絶妙マーケティング
19.潜在ニーズを次々と商機に!
納豆を進化させたミツカン
20.唯一生き残ったプレミアム緑茶
「綾鷹」のマーケティング戦略大転換
21.人気銘柄の間隙を探して攻めた
本格芋焼酎「薩摩こく紫」
Chapter3 売り方で差をつけるヒット商品

22.ワコール「スタイルサイエンス」
企業が収益を上げる5つのポイントとは
23.コーヒーマシンは安く売り、
消耗品で利益を上げる「バリスタ」
24.商品を語らずに売り込む
「Fit's」広告のゆるやかな仕掛け
25.「お試し」が大きなカギ
新「チョコパイ」定着への5ステップ
26.人を見て時代を読む
「へーベルハウス」の選択と集中
27.有楽町の靴磨き職人は、マーケティングの天才!
28.プレミアム価格で顧客に認められる
価値を提供する「スターバックス リザーブ」
29.ハイテク機器が一度はぶつかる限界
しかし「ルンバ」は乗り越えた
30.舞台はエキナカ自販機
データと勘で一歩先を読む
31.70円均一で本当に儲かる? コンビニのおでん
32.イノベーション普及論を超えた?
女性には見える「ナノケア」の威力
33.「個対応」でリピーターを増やす
再春館製薬所の手厚いホスピタリティ
34.人気ブランド「sg」の推進力は
Made in Japanというプレミアム感

Chapter4 ロングセラー商品の秘訣

35.成熟市場の商品 その成長余地を
「ポスト・イット」に見た
36.「じゃがりこショック」で業界騒然
潜在ニーズを掘り当てたカルビー
37.社内ファンが支えた「堅あげポテト」の
通好みのポジショニング
38.女子高生と一緒に母親も取り込め!
シーブリーズの噴水効果
39.コミュニケーションツールへ
PCの周辺機器から脱却した「カラリオ」
40.人間のライフステージに則した商品展開で
「カルピス」は不動の地位へ
41.現場重視の全社一丸となれる企業風土で
「はとバス」は赤字経営から返り咲いた
42.マイナーチェンジがロングセラーのコツ
「明治ブルガリアヨーグルト」
43.コアなロイヤルカスタマーと新顧客を
ともに満足させる「レガシィ」
44.チャレンジャーにも動じず、
入浴剤の本質にこだわる「バスクリン」
45.「特選 丸大豆しょうゆ」のニーズは
時間をかけて市場で熟成された
46.高価格×超高価値で、孤高の存在に
前原光榮商店の傘のあり方

Chapter5 コモディティ化と戦う商品と起業
47.自信があるから値は下げない
啓蒙する歯ミガキ「G・U・M」
48.新規顧客の開拓は難しくても、
ニーズの深堀りで生き残りをはかる近鉄
49.コモディティ化ギリギリを狙う
「YOSOOU」の売れるしくみ
50.ル・クルーゼが教えてくれる鍋が
オシャレであることの必要性
51.上質なデザインで勝負
「メンディングテープ」の起死回生

あなたが最近チェックした商品