TAC出版

キラリと輝く気くばり ─光る人財になる極意─

  • 一般書・実務書

  • ビジネスで成果が上がる! ビジマルシリーズ

定価 950円(本体価格+税)

会員価格
855円(本体価格+税)

10%OFF!

【人生は毎日がオーディション!】ビジネスでもプライベートでも、
100人の中から選ばれる1人になるための「最高の気くばり法」とは?

書籍コード番号: 05198

奥付日付: 2013-04-01


ページ数: 240 ページ

判型: B6変

刷り色: 1C


ISBNコード: 9784813251989

定価 950円(本体価格+税)

会員価格
855円(本体価格+税)

会員なら送料無料 詳細

在庫あり

数量

※ご購入・お申込後のご注文取消、
お客様都合による返品は承っておりません。

この書籍を買った人は、こんな書籍を買っています

書籍内容

『人生は毎日がオーディション!』
ビジネスでもプライベートでも、100人の中から選ばれる1人になるための
「最高の気くばり法」とは?

あなたの気くばりレベルは、松(最高)? 竹(人並み)? 梅(いまイチ)?
「この人から買いたい」「あなたになら仕事を任せられる」・・・
人からあてにされる人の、ひと味違う所作!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
人生は毎日がオーディション(実技試験)といえます。

つねに競争相手のいるなかで
「人脈を広げたい」「あの会社で働きたい」「新規プロジェクトを担当したい」
等と望むなら、
オーディションで選ばれる光る人財でいなければはじまりません。

本書は、私たちの日常にあるオーディション風景を
『気くばりの松竹梅(しょうちくばい)』としてレベル別に紹介し、
最高の気くばりと人並みの気くばりの違いを比べてみていただけるように工夫しました。

教科書通りのマナーや慣習に従うだけではない光る人財と、
そうではない人の気くばりの違いをご堪能ください。
*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

「新規プロジェクトを担当させてほしい」「大口の契約を取りつけたい」……、
あなたの願望や夢を叶えるためには、
オーディションのように他人から認められて、
大勢のなかから選ばれる人財になる必要があります。

本書では、何気ない日常的なシーンからここ一番の場面まで、
豊富なケースで発揮するすばらしい気くばりのしかたをご紹介します!


【著者略歴】
八戸大学・八戸短期大学総合研究所客員研究員(ビジネスコミュニケーション担当)。
第一生命の一般職として十数年勤務。
事務職や法人営業を経て、営業スキルの研究講師として
約5,000人のセールスやビジネスパーソン、経営者向けに講演・研修を実施。
著書多数。

目次

はじめに 〜人生は毎日がオーディション〜

Chapter1 初対面の方との人間関係を
最高によくする気くばり

1.相手の話を広げられる人は、
人間関係も広げられる
2.名刺交換ひとつからのでも、
信頼関係は築ける
3.観察力をはたらかせれば、
ほめるポイントはたくさんある
4.手土産は親鸞関係を築く小道具
5.ほめるなら、一味違った着眼点から

Chapter2 取引先、お客様から
あてにされる人の気くばり

6.商品を売り込む前に、相手の話に耳を傾けて
7.聞き上手はあいづちもひと味違う
8.ほめられ上手は気配り上手
9.セールス成功のカギも、やっぱりほめ言葉!
10.「この人から買いたい」
と思われる店員になる
11.ライバルの多い営業先へ
食い込んでいくための心理術
12.司会が言い訳をはじめたら、
プレゼンは台なしになりますよ!
13.人前で話すときには、
リハーサルをしっかりやる!
14.お見送りを受けるときの気くばり
15.マナー以上の気くばりは、
相手に伝わってこそ
16.誰も気にとめていないことに
気くばりできますか?

Chapter3 職場での気くばり習慣が、
仕事をやりやすくし、
ステップアップにつながる

17.先手必勝のあいさつが、明るい職場をつくる
18.気くばりのきいた電話の取り継ぎ方
19.雑用は若手の特権と心得ましょう
20.相手を責めそうになったら、
ほめ言葉に変換!
21.出張土産を配ってもらったときの気くばり
22.忙しいときに、急に打ち合わせを頼まれたら
23.部下を叱らずに反省させる方法
24.上司の意見に異論があるときの気くばり
25.周囲のネガティブ思考をはね返すフレーズ
26.教えがいのある人になれば、
より多くを教えてもらえる!
27.同僚より先に退勤するときの気くばり
28.相手を不快にさせない飲み会の断り方
29.自分も相手も、どちらも正しいという発想
Chapter4 宴席やイベントごとで
活躍する人の気くばり

30.おごってもらうときは、気持ちよく感謝して
31.ご馳走になるときの気くばり
32.ちょっとした貸し借りは
残しておくのが人脈づくりのコツ
33.部下に慕われる上司のおごり方
34.ご馳走する側が見せる
相手への上手な気くばり
35.飲み会で一目置かれる人の気くばり
36.一滴も飲めない人でも、
飲み会は盛り上げられる!
37.できる幹事の会計気くばり法
38.おめでたい報告を受けたときの気くばり
39.ホームパーティに招かれたときの気くばり

Chapter5 ネガティブな場面でこそ、
気くばりが大切

40.がんばったけど失敗…上手な叱られ方は?
41.叱られるときは、
「見た目」もそれにふさわしく
42.意見を求められたら、
自信がなくても答える勇気を持つ
43.教えてくれた好意に応える気くばり

Chapter6 メールやはがきのやりとりで
発揮する気くばり

44.連絡の目的に合わせて、
通信手段を使い分けよう
45.仕事関係の人に出す年賀状。
はがきにするか、メールにするか
46.メールの件名にも気くばりを
47.メールの書き出しは、
できるかぎりポジティブに
48.同じ相手にいくつかの要件。
メールは1通にまとめる?
49.奇数回で完了するメールのやり取りのルール
50.ちょっとした知人からの
同報メールに返事をする?
51.イベントお誘いメールを断るなら
52.CCメールでパーティのお誘い。
都合がつかないと返信するなら

おわりに

あなたが最近チェックした商品