TAC出版

2014年度版 宅建 出るとこ予想 合格るチェックシート

  • 宅地建物取引士

  • 予想問題集

  • 2014年度版

定価 1,100円(本体価格+税)

会員価格
990円(本体価格+税)

10%OFF!

【1週間で仕上げる、最強のヤマあて本!】
この1冊に直近の出題傾向・法改正・最新統計データまで収録!
今年出るところだけを圧縮整理した、究極の直前総まくり対策!

書籍コード番号: 05794

奥付日付: 2014-07-14


ページ数: 128 ページ

判型: B5

刷り色: 2C


ISBNコード: 9784813257943

別冊: 赤シート

定価 1,100円(本体価格+税)

会員価格
990円(本体価格+税)

会員なら送料無料 詳細

在庫なし

※ご購入・お申込後のご注文取消、
お客様都合による返品は承っておりません。

あなたにおすすめの商品

この書籍を買った人は、こんな書籍を買っています

書籍内容

今年の宅建本試験で“出る”ところはどこ?
だれもが気になる試験の大ヤマを、たった1週間でマスターできる、
毎年大評判の最強「まとめ本」!


直近の出題傾向・法改正・最新統計データまで、
合格に最低限必要な知識をすばやく整理・確認・インプットできる、
今年出るところだけを圧縮整理した「究極の直前総まくり対策」です。


宅建受験生にとって、今一番必要なことは、
「今年の本試験に出るところをマスターしておくこと」です。
本試験までの残り時間が少なくなればなるほど、
やるべきことは、「出るところをマスターする」ことに尽きます。

そこで、本書では、今年の合格に必要な「ヤマ」をあてるために、
過去の本試験、特に最近の本試験の出題傾向を徹底的に分析。
今年の出題可能性を、問題としての論点、肢としての知識にまで踏み込んで
徹底的に予想し、50テーマに絞り込んでまとめ上げています。

本書の50テーマなら、1週間でマスターOK!
⇒⇒⇒つまり、「1週間あれば合格できる」のです!


過去5年のうち、4年間「合格点越えの正解肢」を的中させている本書で、
試験に「出るところ」を一気にマスターしましょう!


—☆—☆ 本書の特色 ☆—☆—
ジャスト1週間ですべてをインプット!
合格に必須の知識を50項目に分け、1週間でマスターできるように配分しました。

使いやすさバツグン!
大きい文字・読みやすい2色刷り、1項目1見開き(2ページ)完結で使いやすい!
どんどん知識が入る図表も豊富に掲載しています。

直近の法改正をばっちり反映!
本書は平成26年度に行われる本試験同様、平成26年4月1日現在施行されている
法令に基づいて執筆されているので、
絶対必要な知識である法改正がしっかり反映されています!
また、直近の出題傾向や最新の統計データも反映。
この1冊に合格に必要な情報が満載です!

講師の「コメント」付き!
特に理解が必要な項目は、「コメント」として掲載。
理由の説明や発展的な重要ポイント、問題解決のための着眼点など、
理解の助けになる情報を記載しています!

重要な法改正はアイコンで一発表示!
どんな法改正があったのかが「最近の改正」アイコンですぐわかる!
今年の試験対策には重要なポイントなので、しっかりチェックしましょう!

記憶のための「赤シート」付き!
重要キーワードは、ぱっと目に飛び込む赤ゴシックで表記。
付属の赤シートを載せれば字が消えるため、知識の確認に便利です!
薄くて手軽なので、いつでもどこでも赤シートを利用して
気軽に学習しましょう!


━【資格の学校TAC 宅建講座からのお知らせ】━━━━━━━━━━━━━━
本書を使った“夏の1日”で完結の「合格(うか)る的中講座」を
教室講座/個別DVD講座/Web通信講座/DVD通信講座で開講!

合格に必要なヤマを効率的・実践的に整理・確認・記憶できる画期的な的中講座
です。音声ダウンロードフォロー付き! (受講料:科目別4,000円〜)

詳しくは下記をご覧ください!
TAC宅建講座 直前対策コース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

目次

はしがき
本書の特長と利用の仕方

民法等
1.売買契約(債務不履行・売主の担保責任等)
2.代理
3.時効
4.債権譲渡・債権の消滅
5.連帯債務・保証債務
6.不法行為
7.物権と対抗問題
8.抵当権等
9.相続
10.賃貸借・借地権・借家権-1
11.賃貸借・借地権・借家権-2
12.不動産登記法
13.区分所有法
14.その他の重要ポイント

法令上の制限
15.国土利用計画法
16.都市計画法—都市計画
17.都市計画法—開発許可等
18.建築基準法-1
19.建築基準法-2
20.農地法
21.土地区画整理法
22.宅地造成等規制法

その他の関連知識-1
23.地方税
24.国税
25.価格の評定
宅建業法
26.宅地建物取引業の意義(免許の要否)
27.免許の基準
28.免許の欠格要件と登録の欠格要件との違い
29.宅建業者のいろんな手続き
30.取引主任者のいろんな手続き
31.変更の届出と変更の登録の比較
32.営業保証金と弁済業務保証金-1
33.営業保証金と弁済業務保証金-2
34.事業所等の規則
35.広告の規制
36.3大書面-1(3つの比較)
37.3大書面-2(媒介・代理)
38.3大書面-3(重要事項の説明[1])
39.3大書面-4(重要事項の説明[2])
40.自ら売主の8つの制限-1
41.自ら売主の8つの制限-2
42.自ら売主の8つの制限-3
43.報酬
44.その他の業務上の規制等
(住宅瑕疵担保履行法を含む)
45.監督・罰則

その他の関連知識-2(5点免除部分)
46.住宅金融支援機構法
47.景表法・公正競争規約
48.統計
49.土地
50.建物

あなたが最近チェックした商品