TAC出版

税理士受験シリーズ 2015年度版 26 消費税法 総合計算問題集 基礎編

  • 税理士

  • トレーニング問題集

  • 税理士 消費税法

  • 2015年度版

定価 2,200円(本体価格+税)

会員価格
1,980円(本体価格+税)

10%OFF!

出題実績に基づき厳選された良問の演習で
総合問題に対する基礎力を養成するトレーニング問題集!

書籍コード番号: 05926

奥付日付: 2014-09-20


ページ数: 176 ページ

判型: B5

刷り色: 1C


ISBNコード: 9784813259268

別冊: 答案用紙(抜き取り式・B4判)

定価 2,200円(本体価格+税)

会員価格
1,980円(本体価格+税)

会員なら送料無料 詳細

在庫なし

※ご購入・お申込後のご注文取消、
お客様都合による返品は承っておりません。

同シリーズの書籍をまとめて購入する

一緒にカートに入れる書籍をチェックしてください。

この書籍を買った人は、こんな書籍を買っています

書籍内容

※2016年度版は、9月刊行予定です

税理士試験消費税法の本試験の計算問題対策として重要な、
総合問題形式の問題を収載したトレーニング問題集!


≪総合問題集とは≫
出題実績に基づき厳選された良問の演習で
総合問題に対する基礎力を養成するトレーニング問題集です。
基礎編は総合問題を解くための基礎力の養成を主眼としています。

≪本書のポイント≫
1.収録した問題は、受験上必要な規定だけを使用しました。
2.各問題には制限時間を示し、時間を意識して効率良く解けるようにしています。
3.各問題には、難易度を段階で表示しています。
4.解答のプロセスが理解できるように、詳しい解答への道または
条文番号、基本通達番号を掲載しています。


※TAC税理士受験コースの受講生の方はご注意ください※
・講座で使用している「トレーニング」と一部内容が共通しています。


*本書は平成26年7月までの施行法令に準拠しています。
→改正項目は、消費税の円滑かつ適正な転嫁等への取組、消費税転嫁対策特別措置法に規定する
「総額表示義務の特例措置」、課税標準額に対する消費税額の計算の特例に関する経過措置の改正、
特定新規設立法人の事業者免税点制度の不適用制度の創設、任意の中間申告制度の創設、
簡易課税制度のみなし仕入率の見直し、輸出物品販売場制度の見直し など


※前年度版からの改訂内容※
*問題6を新規問題に差し替えました。
*試験傾向に合わせ、内容(解説等)を一部見直しました。

★繰り返し勉強できる!★
答案用紙ダウンロードサービス対象書籍!

目次

はじめに
本書の特長
本書の利用方法

原則課税による計算パターン
簡易課税による計算パターン

問題1 原則課税[45分]
問題2 原則課税[50分]
問題3 原則課税 転用[55分]
問題4 原則課税 転用[55分]
問題5 原則課税 著しい変動[65分]
問題6 原則課税 著しい変動[65分]
問題7 原則課税 製造業[50分]
問題8 原則課税 製造業[55分]
問題9 簡易課税[40分]
問題10 簡易課税[50分]

別冊/答案用紙

あなたが最近チェックした商品

税理士「税理士受験シリーズ 2015年度版 26 消費税法 総合計算問題集 基礎編」の商品ページです。

TAC出版書籍販売サイト CyberBookStoreでは、資格試験合格のための書籍、実務に役立つ書籍を数多く取り揃えております。入会費・年会費無料の会員登録をすると、TAC出版・早稲田経営出版の最新版書籍が割引価格でご購入でき、送料無料でお届けいたします。

資格本のTAC出版書籍通販サイト CyberBookStore