TAC出版

今夜は何を飲もうか

  • 一般書・実務書

  • エッセイ

定価 1,728円(本体価格+税)

会員価格
1,555円(本体価格+税)

10%OFF!

酒の名著、復活
独りで飲む酒がよりうまくなる、酒場と肴、そして本
読むほどに飲みたくなる酔客に優しいエッセイ集
幻のエッセイ集が待望の復刊!

書籍コード番号: 06205

奥付日付: 2015-05-29


ページ数: 248 ページ

判型: 四六

刷り色: 1C


ISBNコード: 9784813262053

定価 1,728円(本体価格+税)

会員価格
1,555円(本体価格+税)

会員なら送料無料 詳細

在庫あり

数量

※ご購入・お申込後のご注文取消、
お客様都合による返品は承っておりません。

あなたにおすすめの商品

この書籍を買った人は、こんな書籍を買っています

書籍内容

酒の名著、復活。
独りで飲む酒がよりうまくなる、酒場と肴、そして本。


自分に合う匂い、空気を持ったバーを探して街を歩く
片手で口に運べる肴で、ミステリーを読みながら一杯
酒の楽しみを知り尽くしたオキ・シローの「飲み方」

“カクテルストーリー”と呼ばれる掌篇小説を数多く執筆、
酒と酒場を描き続けた作家・オキ・シローのエッセイ集
「今夜は何を飲もうか」(1991年刊)の復刊。
元本のオビに五木寛之氏が
「洋酒と酒場に関するエッセイやストーリーを書かせたら、
とりあえずこの人の右に出る書き手はいないはずだ」
という賛辞を寄せたことからも分かるように、オキ・シローが
「酒の専門作家」として唯一無二の存在であることは間違ありません。

本作はオキの著書としては数少ない未文庫化作品。
1991年に刊行された『今夜は何を飲もうか』に新たな原稿を
修正、新たに8篇を追加し、四六判ソフトカバーで再出版しました。

独りで飲む酒の味わいを変える名著がより充実した内容で復活。

【著者略歴】
メンズ・マガジンのチーフエディターを経て、
執筆活動に入り、主に酒をテーマにした掌編小説、
エッセイ、ルポを週刊誌、ファッション誌、夕刊紙、
航空機内誌などに発表。著書に
『寂しいマティーニ』(幻冬舎文庫)、
『ヘミングウェイの酒』(河出書房新社)、
『パリの酒 モンマルトル』(扶桑社)
などがある。

目次

1章 今夜は何を飲もうか

2章 ノスタルジック・バー

3章 ミステリーでも読みながら

4章 酒をうまくする17の味

あなたが最近チェックした商品