TAC出版

税理士受験シリーズ 2017年度版 19 相続税法 個別計算問題集

  • 税理士

  • トレーニング問題集

  • 税理士 相続税法

  • 2017年度版

定価 3,024円(本体価格+税)

会員価格
2,722円(本体価格+税)

10%OFF!

相続税法の論点ごとの知識を定着させることを目的としたトレーニング問題集。
受験上必要な規定のみを使用し、基礎レベルから本試験レベルまで対応!

書籍コード番号: 06819

奥付日付: 2016-09-23


ページ数: 392 ページ

判型: B5

刷り色: 1C


ISBNコード: 9784813268192

定価 3,024円(本体価格+税)

会員価格
2,722円(本体価格+税)

会員なら送料無料 詳細

在庫あり

数量

※ご購入・お申込後のご注文取消、
お客様都合による返品は承っておりません。

同シリーズの書籍をまとめて購入する

一緒にカートに入れる書籍をチェックしてください。

あなたにおすすめの商品

この書籍を買った人は、こんな書籍を買っています

書籍内容

税理士試験相続税法の論点ごとの知識を定着させることを目的としたトレーニング問題集!
出題傾向に合わせて必要な規定のみを厳選収録!


相続税法の計算問題は、ほとんどが納付すべき相続税額までを算出させる総合問題です。
総合問題といってもその内容は個別問題の集合体にすぎず、総合問題を解く力をつけるためには、その個々の論点を1つずつつぶしていくことが最良の方法です。
本書は、相続税法、同施行令、同基本通達のうちでも本試験の出題可能性の高いものを中心に、かつ必要な関連条文は網羅するという斬新な構成となっています。

≪本書の特長≫
1.出題可能性の高い論点を中心に収録
収録した問題は、過去の出題傾向に基づき、受験上必要な規定だけを使用しました。

2.重要度を明示
問題ごとに本試験の出題実績に応じた重要度(A:基本問題)(B:本試験レベル)(C:複合問題または研究問題)を明示しているので、重要度に応じたメリハリのある学習を行えます。

3.本試験の出題傾向と分析を掲載
本試験の出題傾向と分析を掲載しているので学習を進めるにあたり参考としていただけます。
(本書掲載の「出題の傾向と分析」は、「2016年度版 相続税法 過去問題集」に掲載されていたものとなります。)

*本書は、最新の会計基準等の改正等に対応しています。(平成28年7月までの施行法令に準拠)

※TAC税理士受験コースの受講生の方はご注意ください※
・講座で使用している「トレーニング」と一部内容が共通しています。


【改訂内容】
*2016年(平成28年)7月現在の税制改正に対応
*試験傾向等にあわせた内容(解説等)の一部見直し
*前付の出題分析等を改訂

★繰り返し勉強できる!★
答案用紙ダウンロードサービス対象書籍!

※本書を使用して講義・セミナー等を実施する場合には、小社宛許諾を求めてください。
→お問合せフォームはこちら

目次

はじめに
本書の特長
本書の利用方法

第1章 相続人と相続分
第2章 相続税の納税義務者と課税財産の範囲
第3章 みなし相続、遺贈財産
テーマ1 生命保険金等
テーマ2 退職手当金等
テーマ3 生命保険契約に関する権利
テーマ4 その他のみなし財産
第4章 相続税の課税価格の計算
テーマ1 立木の評価
テーマ2 小規模宅地等の特例
テーマ3 特定計画山林の特例
テーマ4 財産の分割
テーマ5 課税価格に算入すべき価額
第5章 相続税の非課税財産・債務控除
第6章 生前贈与加算
第7章 相続税の総額・算出相続税額・加算額
第8章 贈与税額控除(暦年課税)
第9章 配偶者に対する相続税額の軽減
第10章 未成年者控除
第11章 障害者控除
第12章 相次相続控除
第13章 相続税の外国税額控除
第14章 みなし贈与財産
第15章 贈与税の課税価格の計算・非課税財産
第16章 贈与税の配偶者控除
第17章 納付すべき贈与税額の計算
第18章 期限内申告書
第19章 延納
第20章 相続時精算課税制度
第21章 納税猶予