TAC出版

イギリス睡眠科学の第一人者が教える 7日間快眠プログラム

  • 翻訳書

  • ビジネス仕事術

  • T's Business Design

定価 1,944円(本体価格+税)

会員価格
1,750円(本体価格+税)

10%OFF!

じっくり実践すれば、安らかな眠りが手に入る。
長きにわたって語り継がれる、本格的なメソッドを紹介。

書籍コード番号: 07159

奥付日付: 2018-09-30


ページ数: 204 ページ

判型: 四六

刷り色: 2C


ISBNコード: 9784813271598

定価 1,944円(本体価格+税)

会員価格
1,750円(本体価格+税)

会員なら送料無料 詳細

在庫あり

数量

※ご購入・お申込後のご注文取消、
お客様都合による返品は承っておりません。

同シリーズの書籍をまとめて購入する

一緒にカートに入れる書籍をチェックしてください。

あなたにおすすめの商品

この書籍を買った人は、こんな書籍を買っています

書籍内容


世界唯一の睡眠科学教授直伝!
1週間で睡眠改善に導く、本格的なプログラムを掲載!


英国・ノーザンブリア大学睡眠研究センター所長が「良質な睡眠のとり方」「すっきりした目覚め方」「根深い不眠の解消法」「深い眠りに導く基礎知識」などを明らかに。
眠りを短期間で一新させる最善の方法がわかります。

【本書の内容】
本書で紹介する方法は、睡眠科学の過去の研究・実践、著者の実体験からまとめられました。
地道に取り組めば、不眠症の症状を7日で改善でき、不眠症の予防にも役立ちます。

本書のプログラムは、1日目から7日目まで段階的に行うしくみとなっています。
毎日、科学的根拠に基づいた方法を続けることで、あなたの睡眠は変わるのです。

巻末には、医師との相談の仕方、優れた専門家の見つけ方といった、すぐ役立つ内容も収載。

気持ちよくすっきりした目覚めには、睡眠の量ではなく質を高めることが重要です。本書を活用し、不眠の悩みを解消し、新たな人生への一歩を踏み出してください。

【著者紹介】
[著者]ジェイソン・エリス Jason Ellis
ノーザンブリア大学ノーザンブリア睡眠研究センター所長で、世界で唯一の睡眠科学を専門とする教授である。
これまでに英国をはじめヨーロッパ、アメリカ、カナダと世界中で彼の研究成果が紹介されており、英国心理学会認定の公認健康心理士として実戦活動が評価されている睡眠科学の第一人者である。

[訳者]藤戸良憲
長年にわたる英語教育ビジネスを経て、2007年翻訳会社を設立。
代表翻訳者として多くの文献翻訳作業に携わる。
現在も株式会社イーアールエフ代表取締役として多くの翻訳者と共に論文翻訳、書籍翻訳作業に関わる。訳書に『Train your Brain』(Kumon Publishing)などがある。

※本書を使用して講義・セミナー等を実施する場合には、小社宛許諾を求めてください。
→お問合せフォームはこちら

目次

はしがき
本書の使い方

第1部 睡眠の基礎知識
睡眠と睡眠科学
睡眠とは何か?
人はどのように睡眠を調節しているか
夜眠るには睡眠欲求を抑制する
周りの環境は睡眠に大きな影響を与える
昼型と夜型の違い
概日リズムと睡眠恒常性をうまく調節する
正常な睡眠の流れとは?
自分の必要睡眠時間とは?
自分の必要睡眠時間を知る方法
睡眠不足や過眠にはリスクがある
よい睡眠は大きなメリットをもたらす
不眠とはなにか?
何をもって不眠症と分類するか?
不眠症の3つのサブタイプ
不眠症はどのようにして発症するか?
寝床にいる時間を延ばすことの功罪
睡眠を嫌な経験と捉えてしまうわけ
ねむっていても目が覚めていたと感じるのはなぜ?
スピールマン教授の不眠症モデルの自分用バージョンをつくる
プログラムを始める前に
自分はこのプログラムの対象か確認する
アルゴリズムを使いこなす
そのほかの睡眠関連疾患を知る
認知行動療法(CBT-I)に向かない病気
依存症からの回復と睡眠
特に注意を払いたい職業と年代
子供と認知行動療法(CBT-I)
高齢者と認知行動療法(CBT-I)
シフト勤務と認知行動療法(CBT-I)
不眠を改善するのは事前計画次第
周囲への根回し
良質な眠りを得るために睡眠衛星を学ぶ
治療前睡眠日誌の書き方
よくある質問とその答え
逆説性不眠症の人のための注意点
第2部 プログラム
1日目 睡眠のスケジューリング
最初からあきらめないことが大切
規定就床時刻(PTTB)まで何をすればよいですか?
1日目の最後にすること
逆説性不眠症の場合は睡眠の歪みを修正する
2日目 刺激制御法
治療中の睡眠日誌の使い方
刺激制御法は不眠解消に役立つ
3日目 認知制御法
寝床につく前に今日一日を終わらせてしまおう
4日目 認知的注意転換法
認知的注意転換法の行い方
5日目 睡眠についての破滅的思考の克服
破滅的思考への対処法
6日目 睡眠の調整と漸進的筋弛緩法
調整とはどうゆう意味ですか?
調整のルール
漸進的筋弛緩法も快眠につながる
そのほかの心と体をリラックスさせる方法
7日目 成功の維持と再発の予防
成功を維持するには?
不眠の将来の再発を防ぐ
そのほかの役に立つテクニック
逆説的意図
睡眠と不眠のためのマインドフルネス

第3部 医師と行動睡眠医学専門家(BMS)について
睡眠について医師に相談する
よい行動睡眠医学専門家(BMS)を見つけるには

謝辞

あなたが最近チェックした商品