TAC出版

NEVER LOST AGAIN グーグルマップ誕生

  • 翻訳書

  • ビジネス仕事術

  • T's Business Design

定価 1,944円(本体価格+税)

会員価格
1,750円(本体価格+税)

10%OFF!

知られざるグーグルマップ誕生物語。
キーホールの立ち上げからグーグルによる買収、世界的な成功を得るまでを臨場感迫る筆致で描く。

書籍コード番号: 07160

奥付日付: 2018-11-20


ページ数: 464 ページ

判型: 四六

刷り色: 1C


ISBNコード: 9784813271604

定価 1,944円(本体価格+税)

会員価格
1,750円(本体価格+税)

会員なら送料無料 詳細

在庫あり

数量

※ご購入・お申込後のご注文取消、
お客様都合による返品は承っておりません。

同シリーズの書籍をまとめて購入する

一緒にカートに入れる書籍をチェックしてください。

あなたにおすすめの商品

この書籍を買った人は、こんな書籍を買っています

書籍内容



"いまや、世界中の人たちの必須アプリ「グーグルマップ」の知られざる誕生物語が緊急翻訳出版!
著者は、グーグルマップの生みの親ジョン・ハンケの学生時代からの友人で同僚のビル・キルデイ。


ジョン・ハンケをして、「君が書くのはぴったりだと思う。そこにいて全部見ていたのだから」とまで言わしめるビル・キルデイが、ジョン・ハンケとの出会いからKeyhole社の立ち上げ、Googleによる企業買収、そしてグーグルマップが世界的な成功を得るまでの軌跡を描く。

本書は、前半(Googleに買収されるまで)と後半(Googleに買収されたあと)に分かれ、グーグルマップを支える技術の話はもちろんのこと、内部の人からしか見えないジョン・ハンケやGoogleの雰囲気が、筆者とジョン・ハンケ、Keyholeの個性豊かなチームメンバーとのやりとりなどを通じて、伝わってくる。
また、Google創業者であるラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンとのやりとりや、マリッサ・メイヤーとの確執など、多くのエピソードが挟み込まれていて臨場感も満載。

ジョン・ハンケが描いたビジョンからプロダクトが生まれ、成長し、Googleの元で世界中の人々に使われるようになった道のりは山あり谷ありで飽きさせない物語になっている。
一方で、著者のビル・キルディが安定を求めるタイプで、起業やスタートアップに対して及び腰な姿勢なのも、ある意味、読者目線を代表する常識的な感覚で、親近感が感じられる1冊になっている。

~本文より~
★「やあ、今オースティンに来ている」とジョンは言い、「見せたいものがあるんだ。家に寄ってもいいか?」と続けた。
ジョンはシリコンバレーにある新しいスタートアップで働いていたが、そのプロジェクトについて電話では話したがらなかった。
詳細を聞き出そうとしたが、彼は夜に会いに行くからと主張した。「自分の目で見ないとダメなものなんだ」。

★「考えてもみて。人類が誕生してから20万年、僕たちは、道に迷うことがどういうことかを知る最後の世代になる。
これ以降、誰一人として、過去の人々がしてきた道に迷うという経験をすることがない」。

世界中で今日も誰かがニューヨーク、東京、カイロ、はてはコンゴ民主共和国の地に降り立っている。
そこがその人にとって初めての土地だろうと、彼らは今自分がどこにいるかを知っている。
ホテルやレストラン、友人の家、ミーティング予定のオフィスに難なくたどり着くことができるだろう。

友人は少し間を置き、私の目を見て、さらに続けた。
「僕たちの成果だ。君と僕、そしてキーホール、ウェアツーテック、グーグルマップにいた全員が貢献した。僕たちが直したんだ!」

【著者紹介】
[著者略歴]ビル・キルデイ/Bill Kilday
ビル・キルディは地図と拡張現実におけるエクノロジーとゲームマーケティングの分野で25年のキャリアを積んだ。デジタル地図分野のスタートアップ、キーホールのマーケティングディレクターを務め、その後グーグルジオ部門ではマーケティング・リードとなる。在任中にグーグルマップとグーグルアースのローンチに携わった。現在はナイアンティックのマーケティングVPを務めている。ナイアンティックはグーグルからスピンアウトした企業で、イングレスやポケモンGO、そして今後リリース予定のハリーポッター:ウィザード・ユナイトなどGPSベースのゲームを手がけている。8人兄弟の末っ子としてテキサス州ヒューストンに生まれ、現在は家族とテキサス州オースティンに住んでいる。ひどい方向感覚の持ち主だ。

[翻訳者略歴]大熊希美 /Nozomi Okuma
東京都生まれ。カナダとオーストラリアに計12年間在住。上智大学総合人間科学部心理学科卒業後、金融業を経てスタートアップ企業に転職。その後ライター・翻訳業。訳書に『KISS ジーン・シモンズのミー・インク』(共訳、日経BP社)、『最強のシンプル思考』(日経BP社)、『フェイスブック 不屈の未来井戦略』(TAC出版)。

※本書を使用して講義・セミナー等を実施する場合には、小社宛許諾を求めてください。
→お問合せフォームはこちら

目次

序章 出発点

目的地は? スタートアップ時代
Chapter01 スーパーマンみたい
Chapter02 パワーズ・オブ・テン
Chapter03 緑のフォルダ
Chapter04 ガス欠
Chapter05 状況分析質
Chapter06 カーテン裏
Chapter07 シリーズBかシリーズGか
再計算 グーグルでの年月
Chapter08 ラッキーなきぶん
Chapter09 33名分の席
Chapter10 ディナーを賭けて
Chapter11 グーグルマップマニア
Chapter12 新しい業界の誕生
Chapter13 ハローグーグルアース
Chapter14 惑星のダッシュボード
Chapter15 青いドット
Chapter16 オッケー、グーグル。ここはどこ?
Chapter17 街での人気
Chapter18 4000杯のラテ
Chapter19 上空に新たなグーグルの目
Chapter20 グラウンドトゥルース・プロジェクト
Chapter21 ムーンショット完了、次は火星を目指して

エピローグ ゲットできた?

あなたが最近チェックした商品