TAC出版

フランスの天才学者が教える脳の秘密

  • 翻訳書

  • ビジネス仕事術

  • T's Business Design

定価 1,728円(本体価格+税)

会員価格
1,555円(本体価格+税)

10%OFF!

思い込みを捨てれば誰もが天才になれる。
神経科学の発見と心理学の実験から知る脳の本当の姿。気鋭の仏学者による脳啓発のすすめ。

書籍コード番号: 07161

奥付日付: 2018-12-14


ページ数: 176 ページ

判型: 四六

刷り色: 1C


ISBNコード: 9784813271611

定価 1,728円(本体価格+税)

会員価格
1,555円(本体価格+税)

会員なら送料無料 詳細

在庫あり

数量

※ご購入・お申込後のご注文取消、
お客様都合による返品は承っておりません。

同シリーズの書籍をまとめて購入する

一緒にカートに入れる書籍をチェックしてください。

あなたにおすすめの商品

この書籍を買った人は、こんな書籍を買っています

書籍内容



フランスの気鋭の学者による“脳”啓発のすすめ

“吊り橋効果”って知っていますか?
ゆれる吊り橋の上でどきどきしている時、すてきな異性と出会うと、“自分は出会った相手にどきどきしているのだ”と勘違いしてしまう現象です。
では、この効果が有効なのは“男性”のみということは……?

人間の脳には“吊り橋効果”のように、ちょっと不思議な特性があります。

本当はできるにもかかわらず、できないと思い込みがちな私たち。脳は自分の思い込みに合わせる傾向があり、ある作業を達成できないと思ってしまうと、失敗する可能性も高くなります。でも実際は、自分ができると思う以上に多くのことができるのです。

神経科学の発見と心理学の実験から、脳と人間の本当の姿を知ること。“やってもできない”という思い込みを捨て、“やればできる”と信じること。そうすれば誰でも天才になる可能性がある。著者はそう主張します。

“Libérez votre cerveau ! ”=“脳を解き放て! ”

【本書の内容】(一部)
第1部 脳を解き放て
神経人間工学/ワーキングメモリ/エピソード記憶/頭頂間溝/慣性静電閉じ込め核融合装置/記憶の宮殿/サヴァン症候群/反復経頭蓋磁気刺激/シビレエイ/グローバルワークスペース理論/予言の自己成就/非注意性盲目

第2部 脳を知る
オートポイエーシス/ボリショイ・シミュレーション/ラッセルのパラドックス/ブロードマンの脳地図/ニューロン説と網状説/スティグマージー/学習性無力感/オペラント条件づけ/ピグマリオン効果/球形のろくでなし!/電気ショック実験/スタンフォード監獄実験/ウエストとヒップの理想的な比率/主要組織適合遺伝子複合体/吊り橋効果/エロスとタナトス/ヘッブ則/ポンジ・スキーム/ボディスワッピング/ウィトルウィウス的人体図/ブラインドサイト/メメックス

第3部 どのような“神経科学+知恵”を使うのか?
バイオミミクリー/キネスフィア/ノウアスフィア/MKウルトラ計画/ミッドナイト・クライマックス作戦/ヤズドのハジ・アブドゥの抒情詩

[著者プロフィール]
イドリス・アベルカン Idriss Aberkane
3つの博士号を持つ俊英。研究者、国際的なコンサルタント、事業家であり、フランスの代表的な週刊誌『ル・ポワン』の論説員も務める。世界各地で講演を行い、フランス国内ではテレビ出演も多数。他の著書に『L'âge de la connaissance』がある。

[訳者] 広野和美 Kazumi Hirono
フランス語翻訳者。大阪外国語大学フランス語科卒業。長年、実務翻訳に携わる。訳書に『パリとカフェの歴史』(共訳、原書房)、『格差と再分配:20世紀フランスの資本』(共訳、早川書房)、『とびだす まなべる せかいのいきもの』(パイインターナショナル)などがある。

※本書を使用して講義・セミナー等を実施する場合には、小社宛許諾を求めてください。
→お問合せフォームはこちら

目次

第1部 脳を解き放て
第1章 神経人間工学(ニ ューロエルゴノミクス)にようこそ
誰もが天才になれる
《 column 優秀な成績とニューロンとの関係》

第2章 学校を変える、超人になる
ハック・スクーリング:新しいかたちのホーム・スクーリング
〝超人たち〟
《 column 認知能力の強化実験》

第3章 どうすれば紙切れで支払いができるか
満杯にされる脳
満杯になる脳
〝非注意性盲目〟と〝変化の見落とし〟

第2部 脳を知る
第1章 脳って何?
神経はコンピュータのようなもの?
■神経の回路 ■オートポイエーシス的システム ■ボリショイ・シミュレーション
認知は倹約家
脳はひとつの世界
■脳の経済 ■ニューロンの〝基礎製品〟と〝完成品〟 ■脳の都市計画 ■大脳皮質の区分脳の川
■網状説 ■スティグマージー
認知能力

第2章 知識経済のための神経人間工学(ニ ューロエルゴノミクス)
情報を転送する、知識を生み出す
スドプラトフの法則

第3章 教育の現場で
知識の料理法
■ビュッフェで味わう地獄 ■才能の開花に失敗した社会 ■詰め込み教育の学校
■組み合わせの教育 ■5人のスーパーヒーロー ■型にはまった知識
■ Love Can Do マトリックス
《 column 教育心理学の3つの実験》
1 学習性無力感
2 青い目と茶色い目の実験
3 ピグマリオン効果

第4章 働く、遊ぶ、生きる
働く意義
〝球形のろくでなし〟と心の傷跡の教訓
正しい判断をすることは素晴らしい、だが生き残るほうがもっと重要
《 column 人間に対する4つの実験》
1 ソロモン・アッシュの同調実験
2 ミルグラムの電気ショック実験
3 スタンフォード監獄実験
4 ロウソク問題
遊ぶ
■遊びで学ぶ ■プロゲーマーの教訓
セクシュアリティの神経人間工学
■魅了と執着心 ■男性vs女性
《 column 魅力の法則》
第5章 マーケティング、政治、ジャーナリズム
マーケティングの神経人間工学
■連想記憶 ■エロスとタナトス、マーケティングのふたつの歯車 ■ヘッブ則
■世界一魅力的な男はドスエキス・ビールを飲む ■アップルの広告
■サルとオルガン奏者:広告は誰に向かって訴えかける?
詐欺のためのエルゴノミクス
政治とジャーナリズム
《 column 人種差別と闘うなら黒人になれ》

第6章 体と心の拡張(エクステンション)
ウィトルウィウス的精神
《 column 〝プランB〟の神経科学》
〝As We May Think(我々が考えるように)〟

第3部 どのような〝神経科学+知恵〟を使うのか?
第1章 私の歩み
神経科学はどこにでも存在する
■認知姿勢の問題を正す ■疎外されるポストドクター

第2章 知恵を伴った神経科学
神経を傷つけるのをやめて神経の声に耳を傾ける
■神経は神聖なもの
ノウアスフィアの世紀

第3章 神経科学のルネサンス
ルネサンス期と現在における3つの大きな再発見
他人はあなたのニューロンについて知っているかもしれない
人間のいけにえ
■ローゼンハンの教訓
正しく人間を拡張する

第4章 心の体操
純真な主観に従う
アプリケーションをアンインストールする
〝やってもできない〟を〝やればできる〟に変える
〝新しいもの好き〟になる
心を柔軟にするコツを身につける
〝記憶の宮殿〟を建てる
周囲の言葉を気にしない

脳を解き放つためのマニフェスト

あなたが最近チェックした商品