TAC出版

廃棄物処理法重点整理

  • 一般書・実務書

  • その他

定価 1,512円(本体価格+税)

会員価格
1,361円(本体価格+税)

10%OFF!

【弁護士の視点からみる定義・区分と排出事業者】
環境関連法専門の弁護士が、廃棄物処理法を実務的に解釈

書籍コード番号: 08986

奥付日付: 2012-10-01


ページ数: 230 ページ

判型: A5


ISBNコード: 9784813289869

定価 1,512円(本体価格+税)

会員価格
1,361円(本体価格+税)

会員なら送料無料 詳細

在庫僅少

数量

※ご購入・お申込後のご注文取消、
お客様都合による返品は承っておりません。

あなたにおすすめの商品

この書籍を買った人は、こんな書籍を買っています

書籍内容

【弁護士の視点からみる定義・区分と排出事業者】
環境関連法専門の弁護士が、廃棄物処理法を実務的に解釈


《「はじめに」より抜粋》
廃棄物処理法の解釈では、悪質業者に対応するため、有価物偽装を排除し、
排出事業者を特定して責任を明確にすることが大切になります。しかし、このような
性悪説を前提にすると、循環型社会を構築することは困難となる場合があります。
廃棄物の削減、リサイクルに取り組んでいる企業は多く、その取組は一つの法人格の
なかに留まらず、サプライチェーン全体に広がっています。私は、このような先進的取組が
広がり、結果として資源の有効活用、最終処分の回避が進むことを願っています。
この本が、このような取組を応援する一助となれば幸いです。・・・

廃棄物処理法に関連する事案を多く扱っている弁護士による
廃棄物処理法の解釈本です。
法律の条文だけでは解決できない個々の事例を多く取り上げ、現実の社会に対応するよう
実務的で合理的な解釈を試みています。

目次

はじめに

第1章 廃棄物の定義
第1節 総論
第2節 個別事例の検討
第3節 3Rビジネスの中で考える廃棄物該当性

第2章 廃棄物の区分・種類
第1節 一般廃棄物と産業廃棄物の区分
第2節 特別管理産業廃棄物
第3節 もっぱら物
第3章 排出事業者の定義
第1節 総論
第2節 個別事例の検討

資料編
主な廃棄物処理法改正及びこれに付随する運用通知
主要産廃判例

あなたが最近チェックした商品