早稲田経営出版

司法書士試験 攻略! 平成26年改正会社法 逐条解説

  • 司法書士

  • 特別刊行書

  • 司法書士 竹下貴浩著書

定価 1,620円(本体価格+税)

会員価格
1,458円(本体価格+税)

10%OFF!

【みんなが知りたい! 受験生のための法改正講義!】
司法書士試験受験生のための、平成26年改正会社法の逐条解説と
問題演習をまとめた一冊です!

書籍コード番号: 53928

奥付日付: 2014-09-20


ページ数: 192 ページ

判型: A5

刷り色: 1C


ISBNコード: 9784847139284

定価 1,620円(本体価格+税)

会員価格
1,458円(本体価格+税)

会員なら送料無料 詳細

在庫あり

数量

※ご購入・お申込後のご注文取消、
お客様都合による返品は承っておりません。

同シリーズの書籍をまとめて購入する

一緒にカートに入れる書籍をチェックしてください。

あなたにおすすめの商品

この書籍を買った人は、こんな書籍を買っています

書籍内容

【みんなが知りたい! 受験生のための法改正講義!】
司法書士試験受験生のための、平成26年改正会社法の逐条解説と
問題演習をまとめた一冊です。


「会社法の一部を改正する法律」及び「会社法の一部を改正する法律の施行に
伴う関係法律の整備等に関する法律」が、平成26年6月20日に成立し、
平成26年6月27日に公布されました。

2014年8月現在、施行日が未定であり、
今回の改正が今後の司法書士試験でどの程度問われることになるかは、
現状では未知数ですが、
できるだけ早く改正法の概要を知りたいと考える受験生は少なくないでしょう。

そこで本書では、今回の会社法の改正に係る主要な条文を掲げ、
当該改正条文について、できる限りわかりやすく解説を付けました。

本書を利用して今回の会社法の改正の内容をつかみ、
改正法に対する不安をなくしてください!

【本書の構成】
1.今回の改正に係る部分を9つのパートに分けて、会社法の条文の配列にしたがって、
主要な改正条文を、逐条的に解説しています。
2.各パートの冒頭では、そのパートにおける「改正の概観」を掲げています。
今回の改正のポイントを知り、改正の全体像がつかめます。
3.続いて、改正後の条文と、解説を掲載。試験に関係するポイントを
丁寧に解説しています。
4.さらに、重要な改正部分には、「確認問題」を適宜入れました。
改正点の理解度をその場でチェックできます。



本書を使った会社法改正対策講座が開講!

平成27年度 司法書士試験対策
▼会社法改正部分を万全にしたい方は今すぐチェック!



※本書を使用して講義・セミナー等を実施する場合には、小社宛許諾を求めてください。
→お問合せフォームはこちら

目次

はしがき

Part1 会社法第1編の「総則」部分の改正
1.第2条の定義規定の改正
2.詐害事業譲渡に係る譲渡会社に対する債務の
履行の請求

Part2 株式会社の設立に関する部分の改正
1.監査等委員会設置会社の創設に伴う整備
2.出資の履行を仮装した場合の責任等

Part3 株式及び新株予約権に関する部分の改正
1.発行可能株式総数
2.株式買取請求等
3.全部取得条項付種類株式の取得
4.特別支配株主の株式等売渡請求
5.株式の併合により端数となる株式の買取請求
6.募集株式が譲渡制限株式である場合等の
総数引受契約
7.支配株主の異動を伴う募集株式の発行等
8.仮装払込みによる募集株式の発行等
9.新株予約権無償割当てに関する割当通知
10.その他の株式・新株予約権に関する改正

Part4 機関に関する部分の改正
1.監査等委員会設置会社制度
2.社外取締役を置いていない場合の理由の開示
3.会計監査人の選任等に関する議案の内容の決定
4.企業集団の業務の適性を確保するために必要な
体制の整備
5.取締役及び監査役の責任の一部免除
6.その他の機関に関する改正
Part5 計算等に関する改正

Part6 事業の譲渡等、清算、社債に関する改正
1.事業の譲渡等に関する改正点
2.清算に関する改正点

Part7 組織変更及び組織再編に関する改正
1.会社分割における分割会社の債権者の保護
2.組織再編等の差止請求
3.略式組織再編、簡易組織再編等における株式買取請求
4.準備金の計上に関する特則
5.その他の改正点

Part8 訴訟に関する改正
1.株主総会等の決議の取消しの訴えの原告適格
2.売渡株式等の取得の無効の訴え
3.株主代表訴訟の原告適格の拡大等
4.その他の改正点

Part9 登記に関する改正

あなたが最近チェックした商品