早稲田経営出版

司法書士スタンダードシステム ファンダメンタル要点整理+一問一答 4 民事訴訟法・民事執行法・民事保全法・供託法・司法書士法・刑法・憲法 第2版

  • 司法書士

  • スタンダードシステム ファンダメンタル

  • 司法書士 スタンダードシステム ファンダメンタル要点整理+一問一答

定価 3,672円(本体価格+税)

会員価格
3,305円(本体価格+税)

10%OFF!

『スタンダード合格テキスト』に完全準拠!
合格に必要な重要知識を、「生きた知識」「使える知識」として覚えるための要点整理本が誕生しました!
リバーシブルOK

書籍コード番号: 54165

奥付日付: 2016-04-20


ページ数: 640 ページ

判型: A5

刷り色: 2C


ISBNコード: 9784847141652

別冊: 赤シート

定価 3,672円(本体価格+税)

会員価格
3,305円(本体価格+税)

会員なら送料無料 詳細

在庫あり

数量

※ご購入・お申込後のご注文取消、
お客様都合による返品は承っておりません。

あなたにおすすめの商品

この書籍を買った人は、こんな書籍を買っています

書籍内容

『スタンダード合格テキスト』に完全準拠!
合格に必要な重要知識を、「生きた知識」「使える知識」として覚えるための要点整理本が誕生しました!


合格の基盤(ファンダメンタル)は、基礎知識にある
圧倒的な情報量を、自分のものに


【コンセプト】
受験学習の要は「基礎の徹底」。
本書は、「テキスト」で身に付けた基礎知識を、「生きた知識」「使える知識」として定着させるための書籍です。

【本書の効用】
「司法書士 スタンダード合格テキスト」に完全準拠しつつ、合格に必要な重要知識を「どんな問題が出題されても解答できる」ような、「使える知識」として覚えることができます。

テキストをある程度学習したら、本書で復習。
これを繰り返すことにより、「読んだだけ」の学習から「読んで理解して覚える」学習へと昇華させることができます。
本書を使って、過去問を単に「覚えた」だけでは得られない「生きた知識」「次の本試験で合格するために使える知識」を身につけてください!

【本書の構成・特長】
本書は、「要点整理」と「一問一答」の2つのパートで構成されています。
1:「要点整理」
テキストの最重要事項を、表形式にまとめ上げました。
「結論」を「原則」と「例外」に整理し、細かな理由付けについてはテキスト参照という形で省略し、学習効率を極限まで高めています。

2:「一問一答」
テキストに載っている重要事項を一問一答の問題形式に組み替えました。○×式、穴埋め式の問題形式を使って、重要な知識をしっかりと考えながら覚えられるように工夫してあります。
キーワードは赤シートを重ねれば消えるように色文字で印刷してあるので、学習しやすさは抜群です。

3:「赤シート」
答えやキーワードは、赤シートを重ねれば消えるように色文字で印刷してあります。
何度も繰り返して復習するのに最適です。

【改訂のポイント】
受験生の学習スタイルに合わせ、9分冊から4分冊に巻数変更します。
旧「7民事訴訟法・民事執行法・民事保全法」「8供託法・司法書士法」「9刑法・憲法」が、新たに「4民事訴訟法・民事執行法・民事保全法・供託法・司法書士法・刑法・憲法」として生まれ変わります。



独学で合格を目指す!! あなたの強い味方!
司法書士独学道場

※本書を使用して講義・セミナー等を実施する場合には、小社宛許諾を求めてください。
→お問合せフォームはこちら

目次

はじめに
本書の特長と効率的な使いかた

民事訴訟法・民事執行法・民事保全法編
Part 1 民事訴訟法
Chapter 1 訴訟の主体/訴訟の開始

Chapter 2 訴訟の審理
Section 1 口頭弁論等
Section 2 証拠調べ等

Chapter 3 訴訟の終了

Chapter 4 複雑訴訟形態

Chapter 5 上訴/再審

Chapter 6 特別な訴訟手続/訴訟費用の裁判等

Part 2 民事執行法
Chapter 1 民事執行の概要/強制執行/民事執行法における不服申立制度

Chapter 2 不動産執行通則/不動産の強制競売・強制管理/動産執行

Chapter 3 債権執行/非金銭執行/担保権の実行としての競売等/財産開示手続

Part 3 民事保全法
Chapter 1 民事保全法

供託法・司法書士法編
Part 1 供託法

Chapter 1 供託手続総論

Chapter 2 申請手続

Chapter 3 払渡手続

Chapter 4 オンラインによる供託

Chapter 5 弁済供託

Chapter 6 執行供託

Chapter 7 担保(保証)供託等/供託成立後の権利変動/払渡請求権の消滅時効/閲覧・証明・審査請求

Part 2 司法書士法
Chapter 1 資格および登録

Chapter 2 業務および義務

Chapter 3 司法書士法人

Chapter 4 懲戒処分その他
刑法編
Part 1 刑法総論
Chapter 1 基礎理論/犯罪の意義・分類

Chapter 2 犯罪論
Section 1 更正要因該当性
Section 2 違法性
Section 3 責任/未遂犯
Section 4 共犯

Chapter 3 罰数/刑罰論

Part 2 刑法各論
Chapter 1 個人的法益に対する罪
Section 1 生命・身体に対する罪/自由に対する罪
Section 2 私生活の平穏に対する罪/名誉・信用および業務に対する罪
Section 3 財産に対する罪(総説,窃盗,強盗)
Section 4 財産に対する罪(詐欺,恐喝,横領など)

Chapter 2 社会的法益に対する罪
Section 1 公共の平穏に対する罪/公共の信用に対する罪(通貨偽造,有価証券偽造)
Section 2 公共の信用に対する罪(文書偽造など)/公衆の健康に対する罪/風俗に対する罪

Chapter 3 国家的法益に対する罪

憲法編
Part 1 総論
Chapter 1 憲法総論

Part 2 人権
Chapter 1 人権総論

Chapter 2 包括的人権と法の下の平等

Chapter 3 精神的自由権
Section 1 思想および良心の自由/信教の自由
Section 2 表現の自由/学問の自由

Chapter 4 経済的自由権/人身の自由

Chapter 5 社会権等

Part 3 統治
Chapter 1 国会

Chapter 2 内閣

Chapter 3 裁判所

Chapter 4 財政/地方自治/憲法保障

あなたが最近チェックした商品