早稲田経営出版

2019年度版 行政書士試験六法

  • 行政書士

  • 六法

  • 2019年度版

定価 3,672円(本体価格+税)

会員価格
3,305円(本体価格+税)

10%OFF!

【各条文の重要度も一目瞭然の「試験対策六法」】
行政書士試験に関連する、法令の条文・重要な基本判例・2018年度までの過去問が完全リンク!

書籍コード番号: 54455

奥付日付: 2018-12-20


ページ数: 1176 ページ

判型: A5

刷り色: 2C


ISBNコード: 9784847144554

定価 3,672円(本体価格+税)

会員価格
3,305円(本体価格+税)

会員なら送料無料 詳細

在庫あり

数量

※ご購入・お申込後のご注文取消、
お客様都合による返品は承っておりません。

この書籍を買った人は、こんな書籍を買っています

書籍内容

行政書士試験に関連する「法令の条文」「重要な基本判例」「過去問」が 完全リンク!
各条文の重要度も一目瞭然の「試験対策六法」です!


行政書士試験は、法律系の資格試験である以上、条文がどう書いているのかを知ることが学習のスタートとなります。
その上で、その条文の趣旨は何か、その条文に関する判例にはどのようなものがあるのかを理解しながら、学習を進めていくことになります。

本書は、単に条文を並べるだけでなく、該当する条文に関する重要な基本判例を掲載し、また、5肢択一式、多肢選択式、記述式という本試験過去問を、該当する条文ごとに掲載することにより、多角的に学習できるように設計されています。
また、重要な準用条文については、学習の便宜上、準用される条文の表題を記載しています。
本書をもとに条文をスタートとした学習をすることも、基本書・問題集の副教材として使用することも可能な、試験六法となっています!

さらに、本書刊行後に成立した法改正で、2019年4月1日までに施行される内容は、Cyber Book Storeに法改正情報として追加情報を掲載しますので、安心してご利用いただけます。

【本書の特長】
●重要な基本判例・過去問を条文にリンク
行政書士試験に出題される法律の全文を掲載し、その中で条文ごとに 平成以降の本試験択一式問題のうち重要なものを肢別に掲載しています。
さらに、最高裁判所判例を中心に、基本的な重要判例を条文の下に掲載していますので、効率的な学習が可能です。
また、出題年度や判例の年月日等も明記。
過去本試験の択一式問題については欄外に各肢の正誤を○×で記載し、×の問題では誤りのポイント部分に下線を引くことで、理解しやすくなっています。

●使いやすい2色刷り
条文と択一式問題を2色に分けているので、ひと目で見分けることができ、条文検索を効率化させています。
また、読みやすさを追求し、法律の原文とは異なり、原文では片仮名表記されている部分をすべてひらがな表記、漢数字を算用数字、 句点・濁点を入れる、横書き形式等の工夫をしてあります。

●各条文の重要度が一目瞭然
過去の本試験問題を参考にした当該条文の重要度を、★でランク付けしています。 (★の数が多いほど重要性が高いことを示しています)

●学習に便利な準用条文見出し付き

【改訂内容】
*法改正は、2018年11月12日までに公布され、2019年4月1日までに施行される(施行される見込み)の改正を織り込む
→民法(相続法改正の一部)、番号利用法、迷惑メール防止法
*最新の本試験問題(11月11日実施)を織り込む
*近時を中心とした重要判例を追加
*古くなったり、出題可能性が低くなった問題や判例を適宜削除

自分のペースで学習したいけど...。やっぱり不安...。という方におススメ!
行政書士独学道場

※本書を使用して講義・セミナー等を実施する場合には、小社宛許諾を求めてください。
→お問合せフォームはこちら




★本書のポイントをさらにくわしく! ★


条文+重要判例+過去問が完全リンク
法律系資格である行政書士試験において、「条文」を把握しておくことは必須。しかし、六法をすべて読むのは至難の業、かつ試験対策においては非効率です。
本書は、行政書士試験に出題される法律を掲載するとともに、条文ごとに過去問(平成以降の択一式)のうち重要なものを肢別に併記。さらに最高裁判例を中心に、基本的な重要判例も追記しています。
1冊に必要な情報をすべて盛り込んでいるので、あれこれ引く必要がなく便利。効率学習のための好評アイテムです。

見やすい2色刷り・読みやすいひらがな表記
条文と過去問は文字色を2色に分け、判例は色アミ地にして区別しているので、例えば条文のみの拾い読みも容易。
また、学習効率の観点から、法律の原文とは異なる「ひらがな」「句読点」「算用数字」「横書き」を採用しています。
表記は読みやすくしていますが、原則全文を掲載し、記載内容には一切手を加えていませんので、そのまま暗記にも安心して利用していただけます。

条文の重要度も明記
条文ごとに、★で行政書士試験での重要度を表示。さらに、併記している過去問には出題年度等を明記しているので、出題頻度も一目瞭然です。
過去問は、肢の問題文だけではなく、解答が「×」のものについては、誤り部分に下線を引いていますので、その条文が本試験でどのように出題され、解答は何か、がシンプルに把握できます。

目次

はしがき・本書の使い方・本書の特徴

第1編 憲法
第2編 行政法
第3編 民法
第4編 商法
第5編 情報関連法

判例索引(法令別・年月日度順)

あなたが最近チェックした商品