早稲田経営出版

司法書士 スタンダード合格テキスト 8 民事訴訟法・民事執行法・民事保全法 第3版

  • 司法書士

  • スタンダード合格テキスト

  • 司法書士 スタンダードシステム 合格テキスト

定価 3,024円(本体価格+税)

会員価格
2,722円(本体価格+税)

10%OFF!

【民事訴訟法・民事執行法・民事保全法】司法書士試験合格を目指す方へ向けた、Wセミナーの総力を結集したスタンダードなテキストです。

書籍コード番号: 54463

奥付日付: 2019-07-20


ページ数: 464 ページ

判型: A5

刷り色: 1C


ISBNコード: 9784847144639

定価 3,024円(本体価格+税)

会員価格
2,722円(本体価格+税)

会員なら送料無料 詳細

在庫あり

数量

※ご購入・お申込後のご注文取消、
お客様都合による返品は承っておりません。

同シリーズの書籍をまとめて購入する

一緒にカートに入れる書籍をチェックしてください。

あなたにおすすめの商品

この書籍を買った人は、こんな書籍を買っています

書籍内容

〜初学者の方には安心感を。中・上級者の方には満足感を。〜
「わかる言葉」と「理解できる工夫」で作られたテキストです。

本書は、Wセミナーの長年の指導経験とノウハウを駆使し、司法書士試験の膨大な試験範囲を「わかる言葉」と「わかりやすい順序」でまとめあげた司法書士受験のための新たなスタンダードとなる1冊です。


□■ 本書の特徴 □■
【特徴1】法律論点を視覚的に理解できる!
図や表を豊富に設けられているので、法律論点を具体的・視覚的に理解でき、知識の定着を促します!

【特徴2】学習に必要な情報が満載!
重要条文は漏れなく掲載されており、その都度、六法にあたる手間を省くことができます。
また、本試験の出題履歴も表示されており、重要箇所の把握に役立ちます。

★「民訴・民執・民保」は、毎年7問出題されている重要な科目の一つです。
そのため本書では、条文や重要な判例を数多く掲げ、わかりやすく解説しています。

【特徴3】学習しやすいレイアウト!
行間や余白が広いため、書き込みやすく、情報をこのテキスト一冊に集約できます。
また、細かな細目分けがされているため、飽きずにスラスラ読み進めることができます。


□■学習に役立つコンテンツがいっぱい!!□■
topics
何を学習するのか、どこが重要化を明らかにする事で、学習の目的や方向性を明確にすることができます。

豊富な図表
複雑な法律関係は図で、比較して覚えたい論点は表で明示しているので、重要箇所もスムーズに理解することができます。

重要
学習するうえで必ずマスターしておきたい箇所を、「重要」として表示し、学習のメリハリをつけることができ、復習の際に重要ポイントを確実に確認するのも効果的です。

過去問表記
過去に本試験で出題された論点には、出題履歴を表示しました。
試験対策が必要な箇所を把握することができます。

プラスアルファ
補足的な知識や応用的な内容が盛り込まれています。
中・上級者の方が読んでも、満足する構成となっています。

スタンダード合格テキストシリーズは司法書士試験の膨大な試験範囲を全11冊でカバーしました。

【前版からの改訂内容】
・H30までの本試験情報追加しました。
・民法ほか、法改正に対応しました。
・本文中の解説を、よりわかりやすく加筆修正しました。
・カバーメインカラー変更

☆お得なセット販売(15%OFF)もございます☆

※本書を使用して講義・セミナー等を実施する場合には、小社宛許諾を求めてください。
→お問合せフォームはこちら

目次

はしがき
本シリーズの特長と使い方
凡 例

第1編 民事訴訟法
第1章 訴訟の主体
第1節 裁判所
第2節 訴訟当事者
第3節 民事訴訟における代理人

第2章 訴訟の開始
第1節 訴えの提起
第2節 訴え提起の効果

第3章 訴訟の審理
第1節 裁判所と当事者の役割
第2節 口頭弁論
第3節 口頭弁論の準備と争点整理
第4節 証拠調べ
第5節 証拠の評価と証明責任
第6節 訴訟手続きの停止
第7節 専門委員

第4章 訴訟の終了
第1節 当事者の行為による訴訟の終了
第2節 終局判決による訴訟の終了

第5章 複雑訴訟形態
第1節 複数請求訴訟
第2節 多数当事者訴訟

第6章 上訴、再審
第1節 総説
第2節 控訴
第3節 上告
第4節 抗告
第5節 再審

第7章 特別な訴訟手続
第1節 大規模訴訟に関する特則
第2節 簡易裁判所の訴訟手続
第3節 少額訴訟
第4節 督促手続
第5節 手形・小切手訴訟

第8章 訴訟費用の裁判等

巻末
第2編 民事執行法
第1章 民事執行の概要

第2章 強制執行
第1節 強制執行総論
第2節 債務名義
第3節 執行文
第4節 強制執行手続の進行

第3章 民事執行法における不服申立制度
第1節 不服申立制度の概要
第2節 執行抗告と執行意義
第3節 執行文に関する不服申立て
第4節 請求異議の訴え
第5節 第三者異議の訴え

第4章 不動産執行通則

第5章 不動産の強制競売
第1節 強制競売の開始
第2節 債権者の競合
第3節 売却の準備
第4節 売却条件
第5節 売却手続
第6節 配当等の手続

第6章 不動産の強制管理
第1節 強制管理の開始
第2節 収益の配当等

第7章 動産執行
第1節 動産の差押え
第2節 配当等の実施

第8章 債権執行
第1節 債権執行の申立て
第2節 債権者の競合
第3節 換価および配当手続
第4節 少額訴訟債権執行

第9章 非金銭執行
第1節 非金銭執行総論
第2節 物の引渡請求権の強制執行

第10章 担保権の実行としての競売等

第11章 財産開示手続

第3編 民事保全法
第1章 民事保全の概要

第2章 民事保全の総則

第3章 保全命令
第1節 保全命令総論
第2節 仮差押命令
第3節 仮処分命令

第4章 保全命令における不服申立制度
第1節 保全命令の申立てを却下する裁判に対する即時抗告
第2節 保全異議
第3節 保全取消
第4節 保全抗告

第5章 保全執行
第1節 保全執行総論
第2節 仮差押えの執行
第3節 仮処分の執行

用語索引

あなたが最近チェックした商品