清文社

相続税申告で迷いがちな債権・債務 法務・税務の取扱いと留意点

  • 一般書・実務書

  • 相続税・贈与税

  • 清文社

定価 2,592円(本体価格+税)

会員価格
2,203円(本体価格+税)

15%OFF!

【清文社】税法・会社の税務:相続税・贈与税
相続税額に影響を及ぼす債権・債務の、帰属・評価・準確定申告の
ポイントを徹底理解!

書籍コード番号: 92234

奥付日付: 2015-01-13


ページ数: 296 ページ

判型: A5

刷り色: 1C


ISBNコード: 9784433522346

定価 2,592円(本体価格+税)

会員価格
2,203円(本体価格+税)

会員なら送料無料 詳細

在庫僅少

数量

※ご購入・お申込後のご注文取消、
お客様都合による返品は承っておりません。

この書籍を買った人は、こんな書籍を買っています

書籍内容

【相続税額に影響を及ぼす債権・債務の、帰属・評価・準確定申告の
ポイントを徹底理解!】


相続税の申告における債権・債務について、基本的考え方、債権・債務に関する
帰属の判断の仕方から、財産評価のノウハウ、準確定申告の注意点まで、
裁決例・裁判例を多く取り上げ、ポイントを解説しています。


【著者略歴】
小林 磨寿美(こばやし ますみ)
税理士
東京地方税理士会税法研究所研究員
青山学院大学大学院法学研究科(ビジネス法務専攻科)非常勤講師

昭和55年3月 横浜国立大学経営学部卒業
平成8年7月 税理士登録
平成13年6月〜 小林磨寿美税理士事務所

目次

第1章 被相続人等に係る債権・債務の民法的問題と税務
1 相続において承継される債権・債務の範囲
2 相続放棄
3 限定承認

第2章 被相続人に係る債務の取扱い
1 債務控除
2 債務の評価

第3章 被相続人に係る債権の評価
1 債権と民法
2 債権の評価
第4章 同族株式の評価における債権・債務の取扱い
1 債権・債務の取扱いの原則
2 債権の取扱い
3 債務の取扱い

第5章 債権・債務と準確定申告等
1 医療費控除との関係
2 不動産所得がある場合

あなたが最近チェックした商品