清文社

新版/グレーゾーンから考える 相続・贈与税の土地適正評価の実務

  • 一般書・実務書

  • 相続税・贈与税

  • 清文社

定価 4,320円(本体価格+税)

会員価格
3,888円(本体価格+税)

10%OFF!

【清文社】税法・会社の税務:相続税・贈与税
評価者によって数字が異なるグレーゾーンに挑んだ土地評価書籍の決定版、待望の改訂!

書籍コード番号: 92516

奥付日付: 2016-05-31


ページ数: 544 ページ

判型: B5

刷り色: 1C


ISBNコード: 9784433625160

定価 4,320円(本体価格+税)

会員価格
3,888円(本体価格+税)

会員なら送料無料 詳細

在庫僅少

数量

※ご購入・お申込後のご注文取消、
お客様都合による返品は承っておりません。

あなたにおすすめの商品

この書籍を買った人は、こんな書籍を買っています

書籍内容

【評価者によって数字が異なるグレーゾーンに挑んだ土地評価書籍の決定版、待望の改訂!】

「著しく不適当」「相当と認める金額」など、評価通達や相続税法に数多く存在する曖昧な表現=グレーゾーンについて、豊富な裁判例・裁決例をもとに分析し、適正な土地評価をどのように行えばよいのか、わかりやすく解説。

評価者によって数字が異なるグレーゾーンに挑んだ、土地評価書籍の決定版書籍です。


【著者略歴】
風岡 範哉(かざおか のりちか)
1978年生まれ。税理士・宅地建物取引主任者。税理士法人レガシィに所属し、主に相続申告業務を担当している。

目次

第1章 相続税法上の時価
第1節 時価の意義(相法22)
第2節 評価上の区分(評価通達7)
第3節 評価単位(評価通達7-2)
第4節 地積(評価通達8)

第2章 宅地の評価
第1節 路線価方式(評価通達13・14)
第2節 特定路線価(評価通達14-3)
第3節 奥行価格補正(評価通達15)
第4節 側方(二方)路線影響加算(評価通達16・17)
第5節 不整形地の評価(評価通達20)
第6節 無道路地の評価(評価通達20-2)
第7節 間口が狭小な宅地等の評価(評価通達20-3)
第8節 倍率方式(評価通達21・21-2)
第9節 私道の用に供されている宅地の評価(評価通達24)
第10節 土地区画整理事業施行中の宅地の評価(評価通達24-2)
第11節 広大地の評価(評価通達24-4)
第3章 宅地の上に存する権利
第1節 土地の上に存する権利の区分(評価通達9)
第2節 借地権及びその底地の評価(評価通達25(1)・27)
第3節 相当地代通達に係る土地の評価(相当地代通達)
第4節 使用貸借に係る土地の評価(使用貸借通達)
第5節 区分地上権に準ずる地役権及びその底地の評価(評価通達25(5)・27-5)
第6節 貸家建付地の評価(評価通達26)

第4章 農地及び農地の上に存する権利
第1節 市街地農地の評価(評価通達40)
第2節 生産緑地の評価(評価通達40-3)

第5章 山林及び山林の上に存する権利
第1節 市街地山林の評価(評価通達49)

第6章 雑種地及び雑種地の上に存する権利
第1節 雑種地の評価(評価通達82)
第2節 賃借権及び貸し付けられている雑種地の評価(評価通達86・87)

第7章 特殊な土地の評価
第1節 通達の定めにより難い場合の評価(評価通達6)
第2節 利用価値が著しく低下している宅地の評価(タックスアンサー№4617)
第3節 地下埋設物がある場合の評価

あなたが最近チェックした商品