清文社

税理士を悩ませる 『財産評価』の算定と税務の要点

  • 一般書・実務書

  • 労務・法務

  • 清文社

定価 3,672円(本体価格+税)

会員価格
3,305円(本体価格+税)

10%OFF!

【清文社】労務・法務
実地に直結!税理士が判断に迷う各種事例を豊富に挙げ、詳解!!

書籍コード番号: 92817

奥付日付: 2017-10-02


ページ数: 390 ページ

判型: A5

刷り色: 1C


ISBNコード: 9784433628178

定価 3,672円(本体価格+税)

会員価格
3,305円(本体価格+税)

会員なら送料無料 詳細

在庫僅少

数量

※ご購入・お申込後のご注文取消、
お客様都合による返品は承っておりません。

あなたにおすすめの商品

この書籍を買った人は、こんな書籍を買っています

書籍内容

【実地に直結!税理士が判断に迷う各種事例を豊富に挙げ、詳解!!】

土地・建物及び係る権利関係(借地権・区分地上権など)の評価額の算定方法について、実務経験の豊富な不動産鑑定士が解説。具体的な裁決事例をもとに評価上のノウハウを詳解し、広大地の評価に関しても現行の取扱いと改正後の計算方法の双方を収録。



【著者略歴】
黒沢 泰(くろさわ ひろし)

昭和25年、埼玉県生まれ。昭和49年、早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。
同年、NKK(日本鋼管株式会社)入社。
平成元年、日本鋼管不動産株式会社出向(後に株式会社エヌケーエフへ商号変更)。
平成16年、川崎製鉄株式会社との合併に伴い、4月1日付で系列のJFEライフ株式会社へ移籍。現在、JFEライフ株式会社不動産本部・部長、不動産鑑定士。

目次

第1章 借地権の評価をめぐるさまざまな問題と裁決事例
第2章 貸宅地
第3章 私道
第4章 画地の評価単位が価格に与える影響
第5章 広大地の評価をめぐる諸問題
第6章 土地区画整理事業施行中の相続土地の評価
第7章 無道路地の評価をめぐる諸問題
第8章 市街化調整区域内の土地評価をめぐって
第9章 貸家建付地