TAC出版

平成26年版/取締役・監査役必携 株主総会の財務会計に関する想定問答

  • 一般書・実務書

  • 経営

  • 清文社

定価 3,300円(本体価格+税)

会員価格
2,970円(本体価格+税)

10%OFF!

【清文社】経営
株主総会において最も重要・難解な「財務会計分野」に特化した画期的Q&A集!

書籍コード番号: 94863

奥付日付: 2014-03-17


ページ数: 412 ページ

判型: A5

刷り色: 1C


ISBNコード: 9784433548636

定価 3,300円(本体価格+税)

会員価格
2,970円(本体価格+税)

会員なら送料無料 詳細

在庫なし

※ご購入・お申込後のご注文取消、
お客様都合による返品は承っておりません。

あなたにおすすめの商品

この書籍を買った人は、こんな書籍を買っています

書籍内容

※本書は3月以降に改訂版の発刊予定がございます。

【株主総会において最も重要・難解な
「財務会計分野」に特化した画期的Q&A集!】


・キーワードで問答の要点がズバリわかります!

・「法的根拠」「関連問答」など周辺知識も充実!


【著者略歴】
太田 達也(おおた たつや)
公認会計士・税理士。新日本有限責任監査法人ナレッジセンター(CBK)フェロー。
1959年、東京生まれ。1981年、慶應義塾大学経済学部卒業。
第一勧業銀行(現みずほ銀行)勤務を経て、1988年、公認会計士第2次試験合格後、太田昭和監査法人(現新日本有限責任監査法人)入所。
1992年、公認会計士第3次試験合格。主に上場企業の監査業務を経験した後、現在、新日本有限責任監査法人のナレッジセンターにて会計・税務・法律など幅広い分野の助言・指導を行っている。

鳥飼 重和(とりかい しげかず)
鳥飼総合法律事務所代表弁護士。
1947年、宮城県生まれ、東京育ち。中央大学法学部卒業。
税理士事務所に勤務後、弁護士登録。会社法を中心とした企業法務および税務訴訟などを専門分野としている。
2013年、日本経済新聞「企業が選ぶ弁護士ランキング」および「総合ランキング」の「税務部門」で1位に選ばれた。
また、日本の復興のため、税務調査の健全化を図るために、「税務調査士」資格認定制度を実施。その流れの中で、2014年秋から「税務調査管理士」検定を始める予定。

目次

第1章 株主総会のポイント
第1節 株主総会と経営の関係と質疑応答の要領
第2節 平成26年株主総会にあたっての留意事項
—財務会計的見地より


第2章 財務会計に関するQ&A
—平成26年株主総会想定問答
第1節 各種会計基準に関するQ&A
第2節 内部統制制度に関するQ&A
第3節 事業報告の会計に関するQ&A
第4節 会社法の計算書類に関するQ&A
第5節 会社法の会計に関するQ&A
第6節 監査役に対するQ&A
第7節 会計の時事問題に関するQ&A
第3章 平成25年度決算にあたってのポイント・留意点
第1節 はじめに
第2節 退職給付会計基準の改正への実務対応
第3節 復興特別法人税の1年前倒し廃止による
税効果会計への影響
第4節 特別目的会社(SPC)の連結

あなたが最近チェックした商品