清文社

事業・財産承継の法務と税務 信託をいかに活用するか

  • 一般書・実務書

  • 労務・法務

定価 3,740円(本体価格+税)

会員価格
3,366円(本体価格+税)

10%OFF!

【清文社】労務・法務
次世代への事業・財産等の承継をどのように進めていくべきか、具体的事例を交えながら、法務・税務上の留意点を詳解。

書籍コード番号: 95111

奥付日付: 2021-07-27


ページ数: 360 ページ

判型: A5

刷り色: 1C


ISBNコード: 9784433751111

定価 3,740円(本体価格+税)

会員価格
3,366円(本体価格+税)

会員なら送料無料 詳細

在庫僅少

数量

※ご購入・お申込後のご注文取消、
お客様都合による返品は承っておりません。

あなたにおすすめの商品

この書籍を買った人は、こんな書籍を買っています

書籍内容

【次世代への事業・財産等の承継をどのように進めていくべきか、具体的事例を交えながら、法務・税務上の留意点を詳解!】

次世代への事業・財産等の承継をどのように進めていくべきか、その手法やタイミング、株式管理信託、生前贈与型信託、遺言代用信託、受益者連続型信託などの活用等、具体的事例を交えながら、法務・税務上の留意点を詳解。

目次

第1章 事業・財産承継における民法の基礎

第1節 債権法
第2節 相続法
第3節 遺言執行について



第2章 事業・財産承継における信託の基礎

第1節 総説
第2節 信託制度の概要
第3節 信託法の改正経緯



第3章 事業・財産承継における法的な課題と対策

第1節 事業承継における議決権対策
第2節 役員・従業員承継
第3節 第三者への承継(M&Aによる事業引継ぎ)
第4章 事業・財産承継と信託

第1節 信託銀行・信託会社による事業・財産承継への取組み
第2節 事業承継のための信託
第3節 自己信託による遺言代用信託の活用
第4節 信託と遺留分



第5章 事業承継税制

第1節 制度の概要
第2節 令和3年度税制改正の動き
第3節 利用のメリット・デメリット



第6章 財産及び財産の承継時の信託の活用と税務上の取扱い

第1節 受益者等課税信託の税務
第2節 目的信託の税務上の取扱い
第3節 受益者連続型信託と複層化信託の税務
第4節 税務上の特典における信託の取扱い

あなたが最近チェックした商品

一般書・実務書「事業・財産承継の法務と税務 信託をいかに活用するか」の商品ページです。

TAC出版書籍販売サイト CyberBookStoreでは、資格試験合格のための書籍、実務に役立つ書籍を数多く取り揃えております。入会費・年会費無料の会員登録をすると、TAC出版・早稲田経営出版の最新版書籍が割引価格でご購入でき、送料無料でお届けいたします。

資格本のTAC出版書籍通販サイト CyberBookStore