清文社

5つの視点で実務力アップ! 判断に迷う仕訳を起こせる会計術

  • 一般書・実務書

  • 会計

  • 清文社

定価 2,160円(本体価格+税)

会員価格
1,944円(本体価格+税)

10%OFF!

【清文社】会計・会計実務
どの業種にも共通するような基本的な取引・ビジネスのうち、実務上仕訳を起こす際の思考方法や判断について、多くの仕訳例を用いて詳しく解説!

書籍コード番号: 96427

奥付日付: 2017-08-31


ページ数: 280 ページ

判型: A5

刷り色: 1C


ISBNコード: 9784433664275

定価 2,160円(本体価格+税)

会員価格
1,944円(本体価格+税)

会員なら送料無料 詳細

在庫僅少

数量

※ご購入・お申込後のご注文取消、
お客様都合による返品は承っておりません。

あなたにおすすめの商品

この書籍を買った人は、こんな書籍を買っています

書籍内容

【どの業種にも共通するような基本的な取引・ビジネスのうち、実務上仕訳を起こす際の思考方法や判断について、多くの仕訳例を用いて詳しく解説! 】

●“暗記”では対応できない仕訳判断のアプローチが満載
●「判断に迷う仕訳」はビジネス感覚をもって考えれば起こせる!
●2017年7月公表の公開草案「収益認識に関する会計基準」の内容を反映


【著者略歴】
山岡 信一郎(やまおか しんいちろう)
公認会計士
1993年 慶應義塾大学経済学部卒業
1994年 監査法人トーマツ(現 有限責任監査法人トーマツ)入所
2007年 監査法人トーマツ(現 有限責任監査法人トーマツ)退所後、株式会社ヴェリタス・アカウンティングを設立、代表取締役社長に就任。同年、弁護士である父と山岡法律会計事務所を開業、現在に至る。

目次

第1章 試験には出ないが実務には出る仕訳
I なぜ簿記は理解しているのに実務に対応できないか
II 仕訳を起こすために必要な知識
III 取引の多様化・複雑化
IV 経理システムがどんなに進化しても、すべての仕訳が自動で起票されるわけではない
V 仕訳を起こす上で考えなければならないこと

第2章 [視点1]勘定科目は何が正しいか
I 勘定科目を選択する際の思考方法 ――3つの視点から判断する
II 開示ルールの視点 ――簿記のみでは十分に学べない
III 税法の視点 ――経理実務と関係する様々な税法
IV 経営管理面の視点 ――集計単位としての勘定科目

第3章 [視点2]仕訳をいつ起こすか
I 仕訳を起こす日付はいつか ――取引の発生日と仕訳日は同日でなければならないか
II 直送取引 ――いつ売上を計上するか
III 保守契約 ――売上認識は期間か保守を行った日か
IV 不動産取得取引 ――登記が終わって認識される?
V 建設仮勘定から本勘定への振替え ――いつ振替えられるか
VI 水道光熱費 ――実務上、本当に発生主義で処理されているか
第4章 [視点3]どのように修正・調整するのか
I 返品 ――前期販売の商品が当期戻ってくると当期の売上を減らす?
II 建物解体 ――除却損が発生するのはおかしいか
III 賞与引当金 ――実際支給額が引当計上額より少なかった場合
IV 法人税等 ――多めに未払法人税等を計上した場合

第5章 [視点4]経済的実態を表しているのか
I 法的実態と経済的実態 ――どちらを重視するのか
II 営業取引と営業外取引 ――「営業」とは何か
III 有償支給取引 ――売上と仕入を計上することは経済的実態に合っているか
IV 売上・仕入と手数料 ――総額表示か純額表示か
V 販売奨励金は売上割戻か販売促進費か ――違いはどこか
VI 交通費を含む売上 ――交通費分は売上に含めてよいのか
VII 振込手数料の販売側負担 ――手数料か売上値引か
VIII 購買取引 ――モノを購入した時、資産として処理するか費用として処理するか
IX 同じ取引先に対する債権の一部未回収 ――貸倒引当金の計上か

第6章 [視点5]見積りは正しいか
I 棚卸資産 ――滞留在庫と過剰在庫、期間と量に着目する
II 貸倒引当金 ――過去の貸倒実績率で引き当てて本当によいのか
III 修繕引当金 ――社内発生工数分を見込むのか