清文社

新版 CAAT 監査人のためのコンピューター利用監査技法の実践 ─ACL Analytics

  • 一般書・実務書

  • 会計

  • 清文社

定価 4,536円(本体価格+税)

会員価格
4,082円(本体価格+税)

10%OFF!

【清文社】会計・会計実務
ACL Analytics利用に必要な基本操作と分析手法を分かりやすく解説した
唯一の日本語解説書!

書籍コード番号: 97215

奥付日付: 2015-06-10


ページ数: 480 ページ

判型: B5

刷り色: 1C


ISBNコード: 9784433572150

定価 4,536円(本体価格+税)

会員価格
4,082円(本体価格+税)

会員なら送料無料 詳細

在庫あり

数量

※ご購入・お申込後のご注文取消、
お客様都合による返品は承っておりません。

この書籍を買った人は、こんな書籍を買っています

書籍内容

【ACL Analytics利用に必要な基本操作と分析手法を分かりやすく解説した
唯一の日本語解説書!】


本書は、概念的な理論のみならず、ソフトウェアを使った実務に必要な
具体的なノウハウをまとめた書籍であるため、会計士のみならず、
事業会社における
内部監査人にも有用な書籍となっています。

【著者略歴】
弓塲 啓司(ゆみば けいじ)
公認会計士・有限責任監査法人トーマツパートナー
1992年大手監査法人入所。金融・商社・メーカー等の監査業務に従事。
1993年より会社のデータと監査人のコンピューターを利用して監査手続を実施するコンピューター利用監査技法を積極的に実践。
1997年より監査業務の傍ら、監査法人内の情報システムの企画、開発、導入、運用業務を行うほか、海外の提携ファームが開発した監査調書作成支援システムの日本導入に携わる。
2007年、監査法人トーマツに移籍。データ監査推進委員会委員長を務める(2010年〜2011年)
コンピュータ利用監査技法、IT活用による業務改善に関する講演実績多数。

目次

第Ⅰ部 CAATの概要

第1章 CAATとは
1-1 CAATとは
1-2 CAATの利用局面
1-3 ACLとは

第2章 CAATの前提知識
2-1 データベース
2-2 ファイル形式

第3章 CAATの業務の流れと監査調書の概要
3-1 CAATの業務の流れ
3-2 CAATの監査調書
第Ⅱ部 ACLの操作

第1章 ACLの基本操作
1-1 ACLの要素
1-2 ACLの基本操作

第2章 プロジェクトとテーブルの作成
2-1 新規プロジェクトの作成
2-2 テーブルの作成
2-3 テーブルの情報
2-4 テーブル作成時のエラーの例
2-5 フォルダー

第3章 データ分析
3-1 式
3-2 演算フィールド
3-3 テーブルの全般分析
3-4 データのプロファイル分析
3-5 データの抽出
3-6 レコードの並べ替え
3-7 複数テーブルの利用
3-8 サンプリング
3-9 分析アプリ
3-10 便利な機能

第4章 ログとスクリプト
4-1 ログについて
4-2 スクリプトの作成と実行

第5章 監査調書の保存
5-1 監査調書として保存するファイル
5-2 監査手続の実施過程の調書
(監査調書用のログファイル)の作成
5-3 不要なファイルの削除
5-4 前期のACLファイルの利用

付録
1 ソースデータの情報
2 本書に記載のある関数の一覧
3 本書に記載のあるスクリプトの一覧

あなたが最近チェックした商品