本試験分析と次回試験の対策

過去5年間の受験者数・合格率

試験問題の難易度も落ち着き、合格率の数値も安定してきています。


年度 受験者数 合格者数 合格率
年度平成26年 受験者数44,546名 合格者数4,156名 合格率9.3%
年度平成27年 受験者数40,712名 合格者数1,051名 合格率2.6%
年度平成28年 受験者数39,972名 合格者数1,770名 合格率4.4%
年度平成29年 受験者数38,685名 合格者数2,613名 合格率6.8%
年度平成30年 受験者数38,427名 合格者数2,413名 合格率6.3%

平成30年度試験の分析と次回平成31年度試験の対策

平成30年度試験は、全体的に高得点が狙える問題でした。

選択式試験

全体的に得点しやすい問題でした。
TAC出版の『みんなが欲しかった!社労士の直前予想模試』の予想問題からも、的中がいくつか出ており、基本条文からの出題が多かったです。科目別にみると、「労働基準法」は最高裁判例からの出題、「労務管理その他の労働に関する一般常識」は統計資料からの出題で、ここ数年の傾向を引き継いでいますが、「人口動態統計」については、極端な難問ではないものの、得点しづらく、苦戦した受験生も多かったようです。

平成31年度を勝ち抜くにはどうする?

●教科書でAランクのもの、問題集で「基本」レベルになっている基本事項は、絶対に落とさないように確実にマスターすること!
●最新の判例や法改正も積極的にチェックする!
●統計関係の一般常識科目については早めの対策を!

択一式試験

択一式試験も全体的に高得点が狙える、解きやすい問題でした。 去年よりも問題文が長く、個数問題の数も増えていたので、解き終えるのに時間がかかった人も多かったのではないでしょうか。また、「労務管理その他労働に関する一般常識」や「社会保険に関する一般常識」では、非常に細かい内容からの出題もありましたが、正解肢は絞りやすいものも多かったです。いかに惑わされずに正確に判断できたかどうかがポイントになったでしょう。

平成31年度を勝ち抜くにはどうする?

●やみくもに知識を広げようとせず、基本事項を確実におさえること!
●問題文を冷静に読む訓練をしておくこと!
直近5年分の過去問題で事例形式の問題や個数問題にはどんなものがあるか、一通り目を通しておくとよい!

注目の法改正対策

社会保険労務士の学習内容は、法改正が多く、毎年テキストにはかなりの分量の改訂が入ります。
今年は特に働き方改革関連法を中心に、大きな改正が多い年です。必ず2019年度(平成31年度)試験用の教材で学習しましょう。本試験でも、改正内容は頻出です。

注目の法改正を確認しておきましょう。(2018年10月現在)

科目 改正内容 みんなが欲しかった!社労士の教科書該当ページ
労働基準法
科目労働基準法 改正内容・高度プロフェッショナル制度の創設 みんなが欲しかった!社労士の教科書該当ページPart1 54p
・フレックスタイム制の清算期間に関する改正 Part1 63p
・時間外労働・休日労働の上限の限度を設定 Part1 70p
・年次有給休暇に関する改正 Part1 92p
労働安全衛生法
労働安全衛生法 改正内容・産業医に関する改正 みんなが欲しかった!社労士の教科書該当ページPart1 135p
・面接指導に関する改正 Part1 184p等
・ストレスチェックに関する改正 Part1 185p
労務管理その他の労働に関する一般常識
労務管理その他の労働に関する一般常識 改正内容・労働時間等設定改善法の改正 みんなが欲しかった!社労士の教科書該当ページPart1 473p
・労働施策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定及び職業生活の充実等に関する法律の改正(旧雇用対策法) Part1 511p
健康保険法
科目健康保険法 改正内容・70歳以上の高額療養費算定基準の改正 みんなが欲しかった!社労士の教科書該当ページPart2 78p
・70歳以上の介護合算算定基準額の改正 Part2 80p
国民年金法
科目国民年金法 改正内容・保険料の額の改正 みんなが欲しかった!社労士の教科書該当ページPart2 172p
・産前産後期間の免除制度の創設 Part2 175p
社会保険に関する一般常識
科目社会保険に関する一般常識 改正内容・確定拠出年金法の改正 みんなが欲しかった!社労士の教科書該当ページPart2 448p等

2019年度版 みんなが欲しかった! 社労士の教科書

書籍刊行後に大きな改正があった場合は、「法改正情報」ページにて迅速に対応しています。

法改正情報ページへ

社会保険労務士ベストセラー

社会保険労務士のおすすめ情報