早稲田経営出版

司法書士スタンダードシステム 2015年度版 司法書士 ハイレベル問題集 4 択一式 憲法・刑法・民事訴訟法・民事執行法・民事保全法・供託法・司法書士法

  • 司法書士

  • スタンダードシステム ベーシック問題集

  • 2015年度版

定価 2,160円(本体価格+税)

会員価格
1,944円(本体価格+税)

10%OFF!

2014年度の答案練習会で出題された問題から重要論点を抽出し再編集!
本試験レベルの問題で実力養成にピッタリの1冊!

書籍コード番号: 53867

奥付日付: 2014-08-01


ページ数: 308 ページ

判型: A5

刷り色: 1C


ISBNコード: 9784847138676

定価 2,160円(本体価格+税)

会員価格
1,944円(本体価格+税)

会員なら送料無料 詳細

在庫なし

※ご購入・お申込後のご注文取消、
お客様都合による返品は承っておりません。

あなたにおすすめの商品

この書籍を買った人は、こんな書籍を買っています

書籍内容


受験指導で豊富な実績を誇るWセミナーの経験とノウハウのすべてを注ぎ込んだ
合格のためのトレーニング問題集です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Wセミナー答案練習会の問題から、本試験レベルの良問を厳選!

〜 合格はここから生まれる。〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□■ 本書の特徴 □■


【特徴1】本試験レベルの問題を掲載!


2014年度のWセミナー答案練習会で出題された問題から、重要論点に関する問題
ピックアップし、再編集!
司法書士試験対策として重要とされている、“基本的事項を理解したうえで
「考える」ための練習”に最適な良問を集めて掲載しています。
本試験レベルの問題だから、実力養成に最適です。

【特徴2】知識の整理もバッチリ!


本書では、解説部に以下の工夫をしています。
・まず問題全体を通して前提となる基礎知識を確認
各肢ごとに「何がどう正しい・誤っているのか」を解説
・試験で問われる知識や重要事項については、「ポイント整理」としてまとめて掲載

この3点をしっかり読むことで、基本的な知識の確認ができ、
「考える」ために必要な実力を養成することが可能になります。

★短期合格を叶えるためには、本試験レベルの良問を1つでも多く解き、
正答率を上げることが重要です。
本書をはじめとした『司法書士スタンダードシステム ハイレベル問題集』を
活用し、合格を勝ち取りましょう!


*2014年度版からの改訂内容*
2014年度の答案練習会から問題を厳選して掲載
→すべての問題が入れ替わっています



☆--:*:お得なセット販売(15%OFF)もございます:*:--☆

「択一式」・「記述式」の書籍セットもご用意!

詳しくは こちらから>>

目次

はしがき
本書の使い方

第1編 憲法
第1章 総論・人権
第1問 天皇の公的行為
第2問 基本的人権の享有主体性等
第3問 法の下の平等
第4問 表現の自由
第5問 経済的自由権
第6問 社会権
第7問 国務請求権

第2章 統治
第8問 国会全般
第9問 参議院の緊急集会
第10問 議院内閣制の本質
第11問 独立行政委員会
第12問 司法権全般
第13問 裁判の公開
第14問 予算および決算

第2編 刑法
第1章 総論
第1問 罪刑法定主義
第2問 実行の着手
第3問 被害者の承諾
第4問 正当防衛
第5問 未遂および既遂
第6問 中止犯
第7問 共犯全般

第2章 各論
第8問 逮捕および監禁の罪
第9問 信用および業務に対する罪
第10問 強盗の罪
第11問 詐欺の罪
第12問 盗品等に関する罪
第13問 放火の罪
第14問 犯人蔵匿等罪および証拠隠滅等罪
第3編 民事訴訟法・民事執行法・民事保全法
第1章 民事訴訟法
第1問 筆界確定の訴え
第2問 管轄
第3問 当事者能力および訴訟能力
第4問 訴訟代理
第5問 明示的一部請求
第6問 重複起訴の禁止
第7問 直接主義
第8問 計画審理
第9問 争点および証拠の整理手続
第10問 専門委員
第11問 期日に当事者が欠席した場合の
訴訟上の取扱い
第12問 裁判上の自白および擬制自白
第13問 書証
第14問 裁判上の和解
第15問 判決
第16問 確定判決の効力が及ぶ者の範囲
第17問 訴えの変更
第18問 必要的共同訴訟
第19問 控訴
第20問 手形訴訟

第2章 民事執行法
第21問 執行抗告および執行異議
第22問 執行文
第23問 不動産の強制競売
第24問 担保不動産競売

第3章 民事保全法
第25問 仮差押命令
第26問 仮処分命令
第27問 保全異議
第28問 不動産の処分禁止仮処分

第4編 供託法・司法書士法
第1章 供託法
第1問 第三者による供託の可否
第2問 供託書の記載
第3問 オンラインによる供託
第4問 供託の通知
第5問 供託金の利息
第6問 弁済供託
第7問 執行供託
第8問 供託に関する事項の証明等
第9問 供託金払渡請求権に対する強制執行等
第10問 供託物払渡請求権の消滅時効

第2章 司法書士法
第11問 司法書士の登録
第12問 司法書士の義務
第13問 業務を行い得ない事件
第14問 司法書士に対する懲戒

あなたが最近チェックした商品