早稲田経営出版

2020年度版 知的財産管理技能検定(R) 2級学科スピード問題集

  • 知的財産管理技能検定(R)

  • 知財2級

  • 2020年度版

定価 1,980円(本体価格+税)

会員価格
1,782円(本体価格+税)

10%OFF!

「最小限の問題数で最大限の効果」をコンセプトに、初学者でもバッチリ知財本試験合格レベルに到達することが可能な問題集です!

書籍コード番号: 54587

奥付日付: 2019-09-01


ページ数: 388 ページ

判型: A5

刷り色: 2C


ISBNコード: 9784847145872

別冊: 赤シート

定価 1,980円(本体価格+税)

会員価格
1,782円(本体価格+税)

会員なら送料無料 詳細

在庫あり

数量

※ご購入・お申込後のご注文取消、
お客様都合による返品は承っておりません。

あなたにおすすめの商品

この書籍を買った人は、こんな書籍を買っています

書籍内容

最新9回分の重要な過去問を厳選収載!
重要テーマは予想問題でおさえる!
⇒『過去問+予想問』の新機軸問題集です!


2級学科の過去問題に予想問題を一体化させた画期的な学習スタイルなので、関連知識の整理もこの1冊でOK。
「最小限の問題数で最大限の効果」をコンセプトに、初学者でもバッチリ本試験合格レベルに到達することが可能な問題集です。

★本書は2019年7月1日現在有効な法令に基づいて執筆しております。
★2020年度版より装丁(カバー)をリニューアルしました。

【本書の特長】
■各章の扉にIntroductionで学習の概要を解説!
学習内容をおおまかに把握してから学習をスタートできます。

■「テーマ解説」で知識を確実なものに!
学習するテーマが何かを明示し、問題を解くためのカギとなる知識や出題の趣旨を解説した「テーマ解説」で、受験生をしっかりサポートします。

■「プラスの枝」で選択肢の出題予想!
各テーマに掲載した本試験問題の選択肢に加えて、さらに、予想される選択肢を作成しました。
「本試験で出題された内容」「出題されそうな内容」を学習することで、得点力UPにもつながります。

■「基本の知識をチェック」で復習もバッチリ!
学習してきた内容の理解を深めると共に、合格のための「この1点」を逃さないために必要な知識を整理し、確認することができます。

■「過去問にチャレンジ」で実戦力を磨く!
最新の傾向もふまえ、過去問の中でも重要なものだけを厳選して収載しました。
細かい論点など、見逃せない問題は本文へ適宜リンクを掲載していますので「すぐに見直し・すぐに理解」が可能です。

★重要語句もしっかり習得!★
重要語句等を赤文字とした2色刷で、赤シートに対応していますので、キーワードなどの暗記に最適です!

【本書の効果的な使い方】
■「頻出」・「合否の分かれ目」
本書に掲載している過去9回のうち5回以上出題されたテーマ「頻出」、2回以上4回以下出題されたテーマに「合否の分かれ目」アイコンをつけました。
「頻出」は合格するために確実に得点してもらいたいテーマ、「合否の分かれ目」はこのランクをどこまで得点できるかが合格の分かれ目となるテーマなので、問題を繰返し解く中で意識してみてください。

■解答解説・キーワード
ポイントをおさえた枝ごとの解説です。
○×の横には、テーマ解説とリンクするキーワードを表示しています。

■テキスト参照ページ
本書の姉妹書である「2020年度版 知的財産管理技能検定(R) 2級スピードテキスト」の参照ページです。
本試験問題・予想問題を解いたあとに参照ページを参考に復習を進めると、よりいっそう理解の定着ができます!!

◆2020年度版 知的財産管理技能検定(R) 2級実技スピード問題集◆もぜひご利用ください。

※本書を使用して講義・セミナー等を実施する場合には、小社宛許諾を求めてください。
→お問合せフォームはこちら

目次

はじめに
知的財産管理技能検定(R)とは?
出題分析データ
本書の使い方

Part1 特許法・実用新案法
1 知的財産法と他の法律の関係
2 発明の定義
3 特許出願書類
4 特許出願の記載要件
5 新規性
6 新規性喪失の例外規定
7 特許要件
8 特許を受ける権利
9 国内優先権制度
10 手続補正の時期的制限、内容的制限
11 拒絶理由通知を受けた場合の対応
12 拒絶査定を受けた場合の対応
13 特許無効審判
14 拒絶査定不服審判
15 審決取消訴訟
16 特許権侵害行為となる発明の実施の態様
17 特許権の侵害
18 先使用に基づく通常実施権
19 実施権
20 特許権の管理・維持
21 特許権を活用した事業戦略
22 ライセンス戦略
23 特許権侵害に対する救済
24 損害賠償請求訴訟
25 職務発明
26 特許調査
27 先願調査の検索ツール
28 実用新案制度、特許法との違い
・基本の知識をチェック!
・過去問にチャレンジ(21問)

Part2 意匠法
1 意匠法の目的と特許法等との相違点
2 意匠登録の要件
3 意匠登録出願後の手続
4 意匠法特有の制度
5 関連意匠制度
6 意匠権の効力
7 意匠権の侵害行為
8 意匠権が侵害された場合の救済措置
・基本の知識をチェック!
・過去問にチャレンジ(5問)

Part3 商標法
1 自他商品等識別力
2 不登録事由
3 商標登録出願の手続
4 商標登録出願の審査
5 商標権の効力
6 商標の審査・審判手続
7 審判制度
8 商標権の侵害に対する救済措置
9 商標権の管理
・基本の知識をチェック!
・過去問にチャレンジ(10問)
Part4 著作権法
1 著作権法の全体像
2 著作物の定義と具体例
3 プログラムの著作物
4 共同著作物・共有著作権
5 著作者
6 著作権の存続期間
7 著作財産権
8 著作財産権の種類
9 著作者人格権
10 著作者人格権の具体的権利と特徴
11 複製権
12 複製行為等
13 著作隣接権
14 著作隣接権の性質と内容
15 著作物の利用
16 著作権の制限
17 著作権侵害の救済
18 著作権侵害
・基本の知識をチェック!
・過去問にチャレンジ(22問)

Part5 不正競争防止法・独占禁止法・民法・その他
1 営業秘密の定義
2 不正競争行為
3 独占禁止法
4 不公正な取引方法
5 品種登録制度
6 育成者権
7 弁理士の業務
8 税関の水際取締り
9 契約
10 地理的表示法
・基本の知識をチェック!
・過去問にチャレンジ(16問)

Part6 条約
1 パリ条約
2 外国特許出願
3 特許協力条約(PCT)の制度
4 その他の国の国際条約
・基本の知識をチェック!
・過去問にチャレンジ(8問)

あなたが最近チェックした商品