TAC出版

キチンとわかる! ネット時代のビジネス文書とメールの書き方・送り方

  • 一般書・実務書

  • キチンとシリーズ

  • 一般書・実務書 キチンとシリーズ

定価 1,296円(本体価格+税)

会員価格
1,166円(本体価格+税)

10%OFF!

【掲載文例の読者限定ダウンロードサービス付き!】
この1冊で、ビジネス文書とメールを作って送るまでがすべてわかります!

書籍コード番号: 05201

奥付日付: 2013-04-01


ページ数: 240 ページ

判型: A5

刷り色: 2C


ISBNコード: 9784813252016

定価 1,296円(本体価格+税)

会員価格
1,166円(本体価格+税)

会員なら送料無料 詳細

在庫なし

※ご購入・お申込後のご注文取消、
お客様都合による返品は承っておりません。

同シリーズの書籍をまとめて購入する

一緒にカートに入れる書籍をチェックしてください。

この書籍を買った人は、こんな書籍を買っています

書籍内容

【掲載文例の読者限定ダウンロードサービス付き!】
この1冊で、ビジネス文書とメールを作って送るまでがすべてわかります!

パソコンとインターネットの普及により手書きの文書は少なくなりましたが、
文書作成のルールや手順に変わりはありません。
特に、社外文書は組織を代表して発信されますので、礼儀正しさが求められます。

また、メールによるコミュニケーションが増大する昨今、
送受信におけるマナーも認識しなければなりません。
メールには、文書と異なるマナーやルールがあります。
知らなかったでは、恥をかくことになるでしょう。

本書は、ビジネス文書・メールを作成する際の基本的な作成手順から
送る際のマナーまでを、この1冊でわかるように、やさしく説明しました。

《本書の構成》
文書の種類別の文例と書き替え例も豊富!
注意点や押さえておきたいポイントなどもきちんと掲載しています。
言葉づかいとマナーは巻末にまとめ、後からでも引きやすくしています!

●第1章
文書を作成するための基本的なポイントや注意点などを丁寧に紹介。
また、文書作成で押さえておきたい要点を7つのステップで解説します。

●第2章
メールの基本ルールやマナー、ポイントなどを、第1章で紹介したステップに
沿って丁寧に解説します。

●第3章〜第5章
「社外文書」「社交文書」「社内文書」のそれぞれについて、
文例を項目ごとに紹介します。

●巻末資料
確認したい内容を一覧などでわかりやすく紹介。また用紙や封筒などのマナーも
図解で見やすく解説しています。


【著者略歴】
NPO法人日本人材教育協会 理事長
銀行の役員秘書、企業での社長秘書、百貨店勤務などを経て、教育現場に活動を移し、
その実績は高く評価されている。

企業での社員研修や人事・採用のコンサルティング、大学や専門学校での授業や
学生指導、テキスト執筆や社会人対象の講演など、人材教育全般に携わる。
また、学生に対する就職指導には定評がある。

北から南へと精力的に全国を駆けめぐる活動を続けている。著書多数。




:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:★ 読 者 様 特 典 ★:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:
本書掲載文例のワード書式をダウンロードいただけます。
文例の雛形としてそのまま使えます!

基本文例をダウンロードする>>【PDF】(1.22MB)

※ダウンロードしたファイルを開くためには
書籍14ページ掲載の8桁のパスワードが必要となります。

:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:

目次

はじめに
本書の使い方

第1章 ビジネス文書の基本
こんなNG文書を送っていませんか?
まず、ビジネス文書の種類を知る!
ビジネス文書をどのツールで送るか?
ビジネス文書の目的・役割は何か?
ビジネス文書は、ただ書くだけでは不十分!
ビジネス文書で押さえておく7ステップ
●ステップ1 各文書の目的・段取り
●ステップ2 必須要素と優先順位
●ステップ3 伝わる書き方
●ステップ4 文書作成のルール
●ステップ5 相手の心をつかむ表現
●ステップ6 文書送付のマナー
●ステップ7 文書作成後の処理・確認
文書とその他ツールとの有効な活用法

第2章 日常的なビジネスメールの書き方で
基本を押さえる
メールが主流になっても
文書作成のルールは変わらない!
一連の流れを把握しよう
「件名」のつけ方
メール特有のルールとマナー
印象のよいメールの「挨拶文」
「宛先・CC・BCC」のルール
「添付ファイル」をつける場合
返信・転送のマナー
メール送付は避けるビジネス文書
携帯メールの注意点

第3章 社外文書 日常業務や取引などの文書
社外文書のポイント
1.送付状
2.案内する
3.通知する
4.依頼する
5.注文する
6.勧誘する
7.申し込む
8.見積る
9.請求する
10.納品する
11.交渉する
12.取り消す
13.確認する
14.承諾する
15.断る
16.督促する
17.謝罪する
18.抗議する
19.反駁する
20.弁解する
21.照会する
22.回答する
23.契約書
24.委任状
25.内容証明
第4章 社交文書 冠婚葬祭、お付き合いなどの文書
社交文書のポイント
1.挨拶
2.お祝い
3.賀寿祝賀状
4.お礼
5.感謝
6.招待・案内
7.紹介・推薦
8.お見舞い
9.お悔やみ・弔事

第5章 社内文書 社内で用いる文書
社内文書のポイント
1.報告書
2.案内・掲示書
3.指示・通知書
4.回覧書
5.依頼書
6.照会書
7.回答書
8.議事録
9.提案書
10.企画書
11.稟議書
12.届け出
13.始末書
14.進退伺
15.退職願
16.辞令
17.誓約書

[巻末資料]
ビジネス文書における主な敬語表現/
頭語と結語/主な時候の挨拶/
社交文書を送る時期/前文・末文の慣用表現/
文書でよく用いる言葉/文書に添えるとよい言葉/
注意!使ってはいけない忌み言葉/
主な賀寿の一覧/用紙の扱いのマナー/
封筒のマナー /ハガキのマナー/
返信ハガキのマナー/ FAXのマナー/押印のマナー

INDEX テーマ別文例索引

あなたが最近チェックした商品