早稲田経営出版

2017年版 司法試験・予備試験 体系別短答式過去問集 7 刑事訴訟法

  • 司法試験

  • 体系別 短答式過去問集

  • 司法試験・予備試験 短答式 体系別過去問題集

  • 2017年度版

定価 2,808円(本体価格+税)

会員価格
2,527円(本体価格+税)

10%OFF!

平成18年以降の司法試験・予備試験短答式試験[刑事訴訟法]の過去問題を体系別・テーマ別に並べた過去問題集です。
リバーシブルOK

書籍コード番号: 54208

奥付日付: 2016-09-21


ページ数: 536 ページ

判型: A5

刷り色: 1C


ISBNコード: 9784847142086

定価 2,808円(本体価格+税)

会員価格
2,527円(本体価格+税)

会員なら送料無料 詳細

在庫あり

数量

※ご購入・お申込後のご注文取消、
お客様都合による返品は承っておりません。

同シリーズの書籍をまとめて購入する

一緒にカートに入れる書籍をチェックしてください。

この書籍を買った人は、こんな書籍を買っています

書籍内容

【平成29年度予備試験・司法試験の合格を目指す方向け・ 過去問を使った問題演習に最適な1冊!】

本書は、平成18年~26年の司法試験、平成23年~28年の予備試験の短答式試験[刑事訴訟法]の全問題を体系別・テーマ別に収録しました。
各問の難易度を4段階に分けて表示し、全問について簡潔でわかりやすい解説を掲載しています。

司法試験・予備試験合格を目指す方の過去問演習に最適の1冊です。

★本書の効用★
1.解説を通じて、出題頻度が高い基本的知識を確実に理解・記憶できます。
2.判例の論理等を十分に理解できます。
3.「解答のポイント」には、本試験で高得点をとるためのテクニックが詰まっています。

【前年版からの改訂内容】
・最新年度(H28)の過去問を追加
・最新の法改正、判例変更に対応
・近年の出題傾向にそぐわない、サンプル問題・プレテストを削除

☆お得なセット販売(15%OFF)もございます☆
くわしくは、カテゴリ「セット販売(15%OFF)」をチェック!



※本書を使用して講義・セミナー等を実施する場合には、小社宛許諾を求めてください。
→お問合せフォームはこちら

目次

はしがき
刑事訴訟法における学習の指針
問題の表記について
難易度の表記について
「判例百選」の表記について

刑事訴訟法

第1編 訴訟の主体

第2編 捜査
第1章 捜査の端緒
第2章 任意捜査と強制捜査
第3章 逮捕と拘留
第4章 被疑者の取調べ
第5章 証拠の収集
第6章 捜査における被疑者の防御
第7章 捜査総合

第3編 公訴
第1章 公訴提起の基本原則
第2章 訴因
第3章 訴訟条件
第4章 簡易裁判所の手続
第4編 公判手続
第1章 公判手続
第2章 証拠法
第3章 公判の裁判と二重の危険

第5編 救済手続
第1章 上訴制度
第2章 抗告
第3章 非常救済手続

第6編 少年事件

第7編 刑事訴訟法総合

刑事系 本試験出題履歴索引

あなたが最近チェックした商品