TAC出版

女の節目は両A面

  • 一般書・実務書

  • エッセイ

定価 1,430円(本体価格+税)

会員価格
1,287円(本体価格+税)

10%OFF!

【生い立ちから臨終をなぞりながら考えた女の人生のあれこれ。
気鋭の文筆家が人生の節目を数え上げる、筆者とあなたの「ミラーエッセイ」27篇】

書籍コード番号: 09521

奥付日付: 2020-11-12


ページ数: 232 ページ

判型: 四六

刷り色: 1C


ISBNコード: 9784813295211

定価 1,430円(本体価格+税)

会員価格
1,287円(本体価格+税)

会員なら送料無料 詳細

在庫あり

数量

※ご購入・お申込後のご注文取消、
お客様都合による返品は承っておりません。

あなたにおすすめの商品

この書籍を買った人は、こんな書籍を買っています

書籍内容

「いままで」と「これから」
あなたの人生にA面が2つ
■初恋・初体験・就職・結婚・出産・閉経・死別…
■初めて経験したあのときは…まだ訪れないターニングポイントは…


人生のかたちに想いを馳せられる、来し方&行く末の「両A面」構成!
オモテから読む?(逆からでもOK!)
ウラから読む?(それもまたアリ!)

前からは「縦組み」でこれからのこと、後ろからは「横組み」でいままでのこと、という画期的な構成となっています。

死ぬまでに直面するであろう
「まだ見ぬ」節目について考えた“未来編(縦組み)”
誕生からくぐってきた
「初めて」の節目を思い出しながら書いた“過去編(横組み)”

人生の分岐はあまりにも細かくて膨大であるがゆえに、全問で私とまったく同じ回答を選択をした他人は誰もいない。
だいぶ同じ体験をしてきたね、と共感し合えるときもあれば、どうしてそんなふうに捉えちゃうの、と永遠にわかり合えないときもある。
どんな幸福や充実感や成功体験、自尊感情にも、どんな憎しみや悲しみ、妬みやコンプレックスや後ろめたさ、その他の負の感情にも、元となった「節目」がある。
そして、この組み合わせで混じり合った複雑な味や色は、自分だけのものなのだ。
~「はじめに」より

[著者プロフィール]
岡田 育(おかだ いく)
文筆家。1980年生まれ、東京出身。出版社勤務を経て2012年よりエッセイの執筆を始める。
著書に『ハジの多い人生』(文春文庫)、『嫁へ行くつもりじゃなかった』(大和書房)、『天国飯と地獄耳』(キノブックス)、『40歳までにコレをやめる』(サンマーク出版)など。2015年から米国ニューヨーク在住。

※本書を使用して講義・セミナー等を実施する場合には、小社宛許諾を求めてください。
→お問合せフォームはこちら

目次

はじめに

(これからの、私)→

過去と未来と私の節目

まだ見ぬ、マイホーム

まだ見ぬ、出産

まだ見ぬ、育児

まだ見ぬ、介護

まだ見ぬ、孫

まだ見ぬ、閉経

まだ見ぬ、死別

まだ見ぬ、車椅子

まだ見ぬ、私の葬式

おわりに
(いままでの、私)→

初めての、他者〈0歳〉

初めての、恋〈4歳〉

初めての、遅刻〈6歳〉

初めての、世界〈9歳〉

初めての、犯罪〈11歳〉

初めての、名前〈12歳〉

初めての、スポットライト〈14歳〉

初めての、ナンパ〈15歳〉

初めての、バイト〈17歳〉

初めての、デート〈18歳〉

初めての、肉体関係〈19歳〉

初めての、泥酔〈20歳〉

初めての、就職〈23歳〉

初めての、通院〈27歳〉

初めての、自由〈30歳〉

初めての、結婚〈33歳〉

初めての、海外生活〈35歳〉

あなたが最近チェックした商品

一般書・実務書「女の節目は両A面」の商品ページです。

TAC出版書籍販売サイト CyberBookStoreでは、資格試験合格のための書籍、実務に役立つ書籍を数多く取り揃えております。入会費・年会費無料の会員登録をすると、TAC出版・早稲田経営出版の最新版書籍が割引価格でご購入でき、送料無料でお届けいたします。

資格本のTAC出版書籍通販サイト CyberBookStore