清文社

税理士が知っておきたい 兄弟姉妹の相続

  • 一般書・実務書

  • 相続税・贈与税

  • 清文社

定価 2,640円(本体価格+税)

会員価格
2,376円(本体価格+税)

10%OFF!

【清文社】税法・会社の税務:相続税・贈与税
ますます増える第三順位の相続にどう対処するか?

書籍コード番号: 092708

奥付日付: 2018-10-04


ページ数: 268 ページ

判型: A5

刷り色: 1C


ISBNコード: 9784433627089

定価 2,640円(本体価格+税)

会員価格
2,376円(本体価格+税)

会員なら送料無料 詳細

在庫僅少

数量

※ご購入・お申込後のご注文取消、
お客様都合による返品は承っておりません。

あなたにおすすめの商品

この書籍を買った人は、こんな書籍を買っています

書籍内容

【ますます増える第三順位の相続にどう対処するか? 】

戸籍収集の範囲や代襲相続となる場合、「はんこ代」の取扱い、法定果実の帰属など、兄弟姉妹相続の場合に実務上おさえておきたい論点を詳しく解説。

【著者略歴】
小林 磨寿美(こばやし ますみ)
福岡県立小倉高等学校、横浜国立大学経営学部卒業。
コンピュータソフトウェア会社にてシステムエンジニアとして勤務後、方向転換し税理士資格取得。
2001年、小林磨寿美税理士事務所を開設。
東京地方税理士会税法研究所研究員、一般社団法人FIC(税制研究所)理事、青山学院大学大学院ビジネス法学科非常勤講師。

目次

第1章 兄弟姉妹相続とは
第1節 兄弟姉妹相続の背景
第2節 兄弟姉妹相続となるケース
第3節 兄弟姉妹相続の例
第4節 兄弟姉妹相続の特徴

第2章 相続手続き上の問題
第1節 相続開始日
第2節 相続人の確定
第3節 相続人の問題
第4節 遺産の全容の把握
第5節 遺産分割協議
第6節 相続財産の寄附
第7節 費用の算段
第8節 債務の承継
-
第3章 相続税申告上の問題
第1節 相続税申告書主要項目上の問題点
第2節 不動産の相続
第3節 取引相場のない株式の相続
第4節 その他の財産の相続
第5節 相続費用、納税資金の算段
第6節 分割協議がまとまらない場合

第4章 法定果実と申告
第1節 相続財産に係る法定果実とは
第2節 相続発生日を挟む問題点
第3節 遺産分割前の問題点
第4節 遺産分割後の問題点
第5節 消費税の納税義務の判定

一般書・実務書「税理士が知っておきたい 兄弟姉妹の相続」の商品ページです。

TAC出版書籍販売サイト CyberBookStoreでは、資格試験合格のための書籍、実務に役立つ書籍を数多く取り揃えております。入会費・年会費無料の会員登録をすると、TAC出版・早稲田経営出版の最新版書籍が割引価格でご購入でき、送料無料でお届けいたします。

資格本のTAC出版書籍通販サイト CyberBookStore