宅地建物取引士

金融機関や一般企業でもニーズあり!

社会的役割が増大し、「宅地建物取引士」へと名称変更され、ますます注目度が上がっている資格です。
設置義務があり、独占業務を行う不動産業界ではもちろんのこと、金融機関や一般企業でもその知識を必要とされる場面が多くあります。

宅地建物取引士全ての書籍一覧を見る

※2015年10月~2016年8月宅建士試験対策書籍(2016年度版)紀伊國屋PubLineをもとに集計

宅地建物取引士ベストセラー

宅地建物取引士のおすすめ情報