清文社

企業はなぜ、会計不正に手を染めたのか 〜「会計不正調査報告書」を読む

  • 一般書・実務書

  • 経営

  • 清文社

定価 2,160円(本体価格+税)

会員価格
1,944円(本体価格+税)

10%OFF!

【清文社】経営
〜ほとんどすべてが「確信犯」である〜

書籍コード番号: 94654

奥付日付: 2014-09-26


ページ数: 272 ページ

判型: 四六

刷り色: 1C


ISBNコード: 9784433546540

定価 2,160円(本体価格+税)

会員価格
1,944円(本体価格+税)

会員なら送料無料 詳細

在庫あり

数量

※ご購入・お申込後のご注文取消、
お客様都合による返品は承っておりません。

この書籍を買った人は、こんな書籍を買っています

書籍内容

【〜ほとんどすべてが「確信犯」である〜】

日々報告される「会計不正調査報告書」の中から、
会計不正の分類において典型的な、かつ説得力のある事例を取り上げ、
動機、手口と経緯から、なぜそのような不正に手を染めたのかを解説しています。


【著者略歴】
米澤 勝(よねざわ まさる)
高輪共同法律事務所
税理士、公認不正検査士(CFE)
1997年12月、税理士試験合格/1998年6月、税理士登録
1998年2月、富士通サポート&サービス株式会社(現社名:株式会社富士通エフサス)入社
財務、債権管理、税務、内部統制などを担当
2010年1月、同社退職、高輪共同法律事務所に参加

目次

第1章 どうして不正をおこなってしまうのか
1 不正のトライアングル
2 不正を防ぐための一般論
3 日本の会計不正はこのまま変質し続けるのか

第2章 経営者による会計不正
会計不正の現場で何が─経理部門が会計不正に加担するとき
コラム 「ニイウスコー事件」を振り返る

第3章 従業員による不正
会計不正の現場で何が─できる営業マンの条件とは

第4章 海外子会社の会計不正リスク
会計不正の現場で何が─親会社には迷惑をかけられない
コラム 「オリンパス巨額粉飾決算事件」
第5章 会計不正が発覚した理由
会計不正の現場で何が-取引先社長、突然の訪問

第6章 再発防止策の検証
会計不正の現場で何が─コンプライアンス教育って、何?

第7章 会計不正の後始末
会計不正の現場で何が-税務署との和解
1 会計不正が刑事事件となる場合
2 会計不正が行政処分の対象となる場合
3 会計不正が民事事件となる場合
4 会計不正が税務争訟につながる場合

あなたが最近チェックした商品