ケアマネジャー試験について

本試験のスケジュール

ケアマネジャーの試験は年1回、毎年10月中旬の日曜日に、各都道府県で行われます。
本試験の申込を忘れないようスケジュールを確認しておきましょう。


【参考】2020年度(第23回)試験 スケジュール
受験申込受付期間
受験申込受付期間 試験の2~4か月前の2週間~1か月程度の期間(当日消印有効)
試験日
試験日 2020年10月11日(日)
受験地
受験地 原則として勤務地の都道府県(勤務地がない場合には、住所地の都道府県)
合格発表
合格発表 2020年12月2日(水)予定

※ 合格者には、合格通知と実務研修の案内が送付され、試験合格後、実務研修を受講します。

試験形式

試験は午前10時~12時までの120分で行われます(点字受験者は180分、弱視等受験者は156分)。
出題形式は、5つの選択肢から2つまたは3つを選択して解答する5肢複数選択式(マークシート方式)で、
合計60問出題されます。

試験科目と出題数(筆記試験)

ケアマネジャー試験は、「介護支援分野」、「保健医療サービス分野」、「福祉サービス分野」の3つの分野からそれぞれ出題されています。

出題分野 出題数 試験時間
介護支援分野
・介護保険制度の基礎知識
・要介護認定等の基礎知識
・居宅・施設サービス計画の基礎知識等
25問 2時間
保健医療サービス分野
・保健医療サービスの知識等
20問
福祉サービス分野
・福祉サービスの知識等
15問
合計 60問
試験時間 2時間

配点と合格基準(筆記試験)

  • 配点は1問1点で、「介護支援分野」と「保健医療サービス分野・福祉サービス分野(合算)」の両区分で採点されます。
  • それぞれ正答率70%を基準として、問題の難易度により、補正した点数が合格点となります。
  • 合格のためには、両区分で合格点に達している必要があります。

2019年(令和元年)に実施された第22回の試験における合格基準点は、介護支援分野が25問(点)中15点、 保健医療サービス分野・福祉サービス分野が35問(点)中24点となっています。

試験の実施状況は、受験者数 30,509人、合格者数 5,644人、合格率 18.5%となっています。

※台風にともない、試験の実施されていない都県は、上記に含まれていません。

ケアマネジャー試験合格のための学習法

ケアマネジャー試験に合格するまでの流れとおすすめの学習法をご紹介します。

学習スタート

過去問題集をメインに基礎学習

ケアマネジャーを目指される方は、実務経験がありますし、また、仕事をしながらの学習になりますので、教科書を最初から熟読すると時間が足りなくなってしまいます。そこで、過去問題集をメインにした学習がおすすめです。

教材選びのポイント!
【その1】
過去問題集は、解説が丁寧に書かれているものを選びましょう!

問題の肢ごとに解説されたものがベスト!

【その2】
過去問題集と教科書がリンクしているものを選びましょう!

問題を解いて、知識を補完したい時にすぐに調べられます。無駄な時間とイライラをゼロへ!

TAC出版の過去問題集はココが違う! 詳しくはこちら

5~6月

受験申込開始:受験の申し込み手続きはお早めに済ませましょう。

7月頃

繰り返し問題を解いて、苦手科目の克服

問題を繰り返し解いて、苦手分野を潰していきましょう。
とにかく間を空けずに学習することが大切!仕事や家事で忙しい方や短期集中での学習の方は、「一問一答」の問題集もおすすめです。テンポよく学習ができるので、短い時間でも十分な知識の整理ができます。

9月

本試験を意識した問題演習を!

実力の最終チェックの時期です!
この時期は本番を意識した問題演習を行いましょう。
本試験では、時間内に問題が解けなければ意味がありません。必ず時間を計って問題を解きましょう。

10月

本試験!

これまでの実務経験と筆記試験の学習を信じて、ベストを尽くしましょう!

これから学習を始める方へ

お得なセットがあります!

2020年版 みんなが欲しかった!
ケアマネの基礎学習セット

学習のスタートに必ず揃えたい「過去問題集」と「教科書」のセットです。

詳細を見る

お得なセットがあります!

2020年版 みんなが欲しかった!
ケアマネの合格セット

学習のスタートに必ず揃えたい「過去問題集」と「教科書」に、実力の総仕上げが出来る「一問一答集」が付いたセットです。

詳細を見る

TAC出版の過去問題集はココが違う!

本試験問題「260問」を厳選収載!
たっぷり解けて、実力がしっかり身につく過去問題集です。

2020年版 みんなが欲しかった! ケアマネの過去問題集

『みんなが欲しかった! ケアマネの過去問題集』には、直近の第22回試験は全問収録!
さらに、第21回以前からも頻出・重要問題を厳選し、合わせて260問を収載しています。
当時の問題内容に法改正や統計数値等の変更があったものはきちんと改題し、第23回試験に対応できるようにしていますので、安心してご利用ください!

①見開き構成で短時間でも学習OK!

A5判のサイズで持ち運びしやすく、左ページに問題(1~2問)・右ページに解答解説の見開き構成なので、短時間に少しずつでもサクサクと問題練習ができます。
各問題には、出題傾向や出題頻度による重要度も3段階で明示しているので、重要度の高い問題だけを選んで演習、といった使い方もOK。

②苦手分野の「狙い撃ち対策」もできる!

本書の特長の1つは、重要過去問が「分野別」さらに「項目別」に再構成されていること。得意・不得意がどうしても出てきてしまう学習内容の中で、「この分野のこの項目の問題だけを選んでしっかり確認したい」という希望を叶える構成です。
『みんなが欲しかった! ケアマネの教科書』の該当SECTIONも明記しているので、問題から戻っての復習や基礎学習も容易。また、『教科書』を1SECTION読んでから同じ分野の過去問題を解いてみる、といった使い方もでき、学習を進めやすい方法でお使いいただけます。

③「八訂 基本テキスト」の該当ページも掲載を追加!

解答・解説の末尾に、該当する「八訂 介護支援専門員 基本テキスト」の参照ページを肢ごとに掲載しています。

④暗記用赤シート対応で「インプット」にも活用度大!

2色刷りで、赤シートに対応しているので、見開き構成でも解答が目に入らず安心。また、解説についても、重要語句は赤シートで隠せるので、重要な部分はどこか、それをきちんと理解できているか、を確認しながら読み進めたり、解説自体を穴埋め問題のように使うこともできます

『みんなが欲しかった! ケアマネの過去問題集』の詳細/ご購入は こちら

ケアマネジャー 参考書 ベストセラー