電験三種試験について

試験日程・スケジュール

令和5年度に実施する電験三種の試験から、CBT方式(パソコンによる試験)が導入されます。従来の筆記方式(問題用紙とマークシートによる試験)に加えて、CBT方式でも受験が可能となります。

令和5年度 電験三種(第三種 電気主任技術者試験) 本試験日程
受験案内配布
上期試験 下期試験
受験案内配布 受験案内・申込書は、各申込受付開始の約1週間前から配布
受験申込期間
※CBT方式・筆記方式共に同じです。
上期試験 下期試験
受験申込期間
※CBT方式・筆記方式共に同じです。
令和5年5月15日(月)~6月1日(木) 令和5年11月13日(月)~11月30日(木)
試験実施日
上期試験 下期試験
CBT方式
試験実施日 CBT方式 令和5年7月6日(木)~7月30日(日) 令和6年2月1日(木)~2月25日(日)
筆記方式
筆記方式 令和5年8月20日(日) 令和6年3月24日(日)

最新の情報・詳細については、一般財団法人電気技術者試験センターのホームページをご参照ください。

受験資格

年齢や学歴、実務経験などの受験資格は一切ありません

試験科目と出題数

電験三種は、1日で4科目の試験を解きます。
各科目ともA問題、B問題に分かれています。A問題は一つずつの小問です。B問題は1つの問題が(a)と(b)の2つの小問からなる問題で、(a)の答えや計算過程を利用するケースが多くなっています。

科目名 試験時間 範囲 問題数と配点
理論 90分 電気理論、電子理論、電気計測及び電子計測に関するもの A問題
B問題★
14問×各5点
3問×各10点
電力 90分 発電所及び変電所の設計及び運転、送電線路及び配電線路(屋内配線を含む。)の設計及び運用並びに電気材料に関するもの A問題
B問題
14問×各5点
3問×各10点
機械 90分 電気機器、パワーエレクトロニクス、電動機応用、照明、電熱、電気化学、電気加工、自動制御、メカトロニクス並びに電力システムに関する情報伝送及び処理に関するもの A問題
B問題★
14問×各5点
3問×各10点
法規 65分 電気法規(保安に関するものに限る。)及び電気施設管理に関するもの A問題
B問題
10問×各6点
3問×各13点~14点
科目名
理論
試験時間
90分
試験時間
電気理論、電子理論、電気計測及び電子計測に関するもの
問題数と配点
A問題
B問題★
14問×各5点
3問×各10点
科目名
電力
試験時間
90分
範囲
発電所及び変電所の設計及び運転、送電線路及び配電線路(屋内配線を含む。)の設計及び運用並びに電気材料に関するもの
問題数と配点
A問題
B問題
14問×各5点
3問×各10点
科目名
機械
試験時間
90分
範囲
電気機器、パワーエレクトロニクス、電動機応用、照明、電熱、電気化学、電気加工、自動制御、メカトロニクス並びに電力システムに関する情報伝送及び処理に関するもの
問題数と配点
A問題
B問題★
14問×各5点
3問×各10点
科目名
機械
試験時間
65分
範囲
電気法規(保安に関するものに限る。)及び電気施設管理に関するもの
問題数と配点
A問題
B問題
10問×各6点
3問×各13点~14点

★印は、選択問題を含みます。

試験形式

試験問題形式は計算問題、正誤判定問題、穴埋め問題の3つのパターンがあります。

合格率と合格基準

電験三種試験の合格基準は、合格発表時に公表されます。
試験の合否は科目別に判定され、4科目すべてに合格すれば第三種電気主任技術者試験合格となります。
目安としては、各科目とも60点以上ですが、試験が難しい場合は、合格点が引き下げられることもあります。
また、4科目中、一部の科目だけ合格した場合は、「科目合格」となり、最初に合格した試験以降、その申請により最大で連続して5回まで当該科目の試験が免除されます。

過去の合格率と合格基準
受験者数 合格者数 合格率 合格基準 科目合格率
理論 電力 機械 法規
2018年 42,976 3,918 9.1% 55 55 55 51 28.7%
2019年 41,543 3,879 9.3% 55 60 60 49 32.1%
2020年 39,010 3,836 9.8% 60 60 60 60 30.0%
2021年 37,765 4,357 11.5% 60 60 60 60 32.5%
2022年
(上期)
33,786 2,793 8.3% 60 60 55 54 29.4%
2022年
(下期)
28,785 4,514 15.7% 60 60 60 60 28.7%
2023年
(上期)
28,168
[CBT:4,323/筆記:23,845]
4,683 16.6% 60 60 60 60 32.8%
過去の合格率と合格基準
2018年
受験者数
42,976
合格者数
3,918
合格率
9.1%
合格基準
理論 電力 機械 法規
55 55 55 51
科目合格率
28.7%
2019年
受験者数
41,543
合格者数
3,879
合格率
9.3%
合格基準
理論 電力 機械 法規
55 60 60 49
科目合格率
32.1%
2020年
受験者数
39,010
合格者数
3,836
合格率
9.8%
合格基準
理論 電力 機械 法規
60 60 60 55
科目合格率
30.0%
2021年
受験者数
37,765
合格者数
4,357
合格率
11.5%
合格基準
理論 電力 機械 法規
60 60 60 60
科目合格率
32.5%
2022年(上期)
受験者数
33,786
合格者数
2,793
合格率
8.3%
合格基準
理論 電力 機械 法規
60 60 55 54
科目合格率
29.4%
2022年(下期)
受験者数
28,785
合格者数
4,514
合格率
15.7%
合格基準
理論 電力 機械 法規
60 60 60 60
科目合格率
28.7%
2023年(上期)
受験者数
28,168
[CBT:4,323/筆記:23,845]
合格者数
4,683
合格率
16.6%
合格基準
理論 電力 機械 法規
60 60 60 60
科目合格率
32.8%

電験三種をもっと詳しく知りたい方へ!

電験三種の魅力とはじめての方でも合格への一歩を確実に踏み出せる書籍をご紹介!

みんなが欲しかった! 電験三種 合格へのはじめの一歩

ページ数: 260 ページ 判型: A5
定価 2,200円(本体価格+税)

文系出身者、初学者のための、本気でやさしい入門書!
スタートアップ講座、入門講義編、数学編で、電験への合格が見えてきます!

電験(電気主任技術者) 参考書 ベストセラー

電験三種のおすすめ情報