資格を選択

日商簿記初級・3級・2級

ファイル形式はPDFです。PDFをご覧になるためにはAdobe Acrobat Readerが必要になります。

PDFが表示されない、不具合の時は PDFが表示されない場合はこちら をご覧ください

13.03.15 更新

日商簿記検定試験 出題区分改正にともなう変更点について【2級】

平成25年2月7日、日本商工会議所の出題区分改正が公表されました。
この改定は、平成25年6月9日実施の第134回簿記検定試験より適用されます。

改定対応レジュメを作成いたしましたので、ご確認などにお役立ていただければ幸いです。

サイバーブックストアでは、解説講義も無料配信しておりますので、是非、学習にお役立てください。

▼新出題区分対応 特別レクチャー 解説講義はこちらから

13.03.15 更新

日商簿記検定試験 出題区分改正にともなう変更点について【3級】

平成25年2月7日、日本商工会議所の出題区分改正が公表されました。
この改定は、平成25年6月9日実施の第134回簿記検定試験より適用されます。

改定対応レジュメを作成いたしましたので、ご確認などにお役立ていただければ幸いです。

サイバーブックストアでは、解説講義も無料配信しておりますので、是非、学習にお役立てください。

▼新出題区分対応 特別レクチャー 解説講義はこちらから

12.03.13 更新

日商簿記検定試験 出題区分改正にともなう変更点について

平成24年2月9日、日本商工会議所の出題区分表等が改定となり、2級商業簿記の試験範囲に「売上割戻引当金」が加わりました。

この改定は、平成24年6月10日実施の第131回簿記検定試験より適用されます。

改定対応レジュメを作成いたしましたので、ご確認などにお役立ていただければ幸いです。

対象書籍
日商簿記検定2級商業簿記の全書籍

11.03.10 更新

日商簿記検定試験 出題区分改正にともなう変更点について

日本商工会議所より平成23年2月9日付けで出題区分表等の改定について公表がありました。
3級及び2級に関係する改定の概要は下記のとおりですが、出題区分表の改定内容については、すでに反映されています。許容勘定科目表の改定内容につきましては、最新版書籍における該当ページ一覧を列挙いたしますので、ご確認などに役立てていただければ幸いです。

----------------------------------------●該当書籍●----------------------------------------
≪3級≫ 
「合格テキスト3級Ver.5.0」、「合格トレーニング3級Ver.5.0」、「なるほどわかるテキスト3級」、「なるほどとけるトレーニング3級」、「合格するための過去問題集3級‘11年2・6月検定対策」、「これだけ仕訳マスター3級 第2版」、「プラス8点のための問題演習3級」

≪2級 商簿≫ 
「合格テキスト2級 商・会Ver.6.0」、「合格トレーニング2級商・会Ver.6.0」、「スッキリわかる2級商簿 第3版」、「ポケットテキスト2級商簿Ver.3.0」、「なるほどわかるテキスト2級商簿」、「なるほどとけるトレーニング2級商簿」、「合格するための過去問題集2級‘11年2・6月検定対策」、「これだけ仕訳マスター2級 第3版」、「プラス8点のための問題演習2級」
---------------------------------------------------------------------------------------------

なお、下記書籍につきましては、許容勘定科目表につきましてもすでに対応済みとなっております。

---------------------------------------●対応済み書籍●--------------------------------------
「スッキリわかる3級第4版」、「ポケットテキスト3級Ver3.0」、「合格するための厳選問題集2級第2版、3級第2版」、「出題パターンでマスター2級128回対策、3級128回対策」
---------------------------------------------------------------------------------------------

10.01.25 更新

日商簿記検定試験 出題区分改正にともなう変更点について

平成21年1月7日に日本商工会議所が公表したところによると、平成21年6月(第122回)試験より、後入先出法が出題されないこととなりました。この措置により、平成21年6月(第122回)に1級および2級の受験を予定されている方は、後入先出法の学習が不要となります。なお、各書籍の該当ページなどの詳細につきましては、下記よりご確認ください。

10.01.25 更新

「日商簿記検定 2級試験対策 ポケットテキスト 商業簿記 Ver.2.0」をお持ちの方へ

平成18年7月5日、「棚卸資産の評価に関する会計基準」が公表され、平成20年4月1日以後開始する事業年度から適用されることになりました。
日商簿記検定試験では、第119回検定(平成20年6月実施)から同会計基準が出題範囲に加わることとなります。
これに伴い、『よくわかる簿記シリーズポケットテキスト日商簿記2級商業簿記Ver2.0』から変更された論点を本レジュメにまとめましたので、ご参照ください。

10.01.25 更新

「よくわかる簿記シリーズ 合格テキスト 日商簿記2級 商業簿記 Ver5.0」をお持ちの方へ

平成18年7月5日、「棚卸資産の評価に関する会計基準」が公表され、平成20年4月1日以後開始する事業年度から適用されることになりました。
日商簿記検定試験では、第119回検定(平成20年6月実施)から同会計基準が出題範囲に加わることとなります。
これに伴い、『よくわかる簿記シリーズ合格テキスト日商簿記2級商業簿記Ver5.0』から変更された論点を以下にまとめましたので、ご参照ください(修正箇所が多岐にわたってしまうため、対応表とはなっておりません。ご了承ください)。
なお、変更点を差し替えたVer5.1も発売されております。

10.01.25 更新

「よくわかる簿記シリーズ 合格テキスト/合格トレーニング 日商簿記3級 Ver.3.0」をお持ちの方へ

近年、会計処理に関係する諸基準の改定並びに新法令等の制定により、日本商工会議所が公表している「簿記検定試験出題区分表」が改訂され、平成18年6月検定試験より適用となります。
この改正レジュメでは、新しい出題区分表にしたがい、平成18年度(113〜115回)簿記検定試験3級で出題される範囲として影響のある貸倒引当金の計算についてまとめました。

10.01.25 更新

「よくわかる簿記シリーズ 合格テキスト/合格トレーニング 日商簿記2級 商業簿記 Ver.4.1」をお持ちの方へ

平成17年6月に「会社法(以下、新会社法という)」が成立し、本年5月以降に施行される予定です。また、ここ近年、会計諸基準の設定・改定、および関係法令の制定・改正が相次いで行われています。
これら諸事情により日商簿記検定試験の「出題区分表」も改訂となり、平成18年6月検定試験より適用となります。
この改正レジュメでは、新しい出題区分表にしたがい平成18年度(113〜115回)簿記検定試験2級で出題される範囲として実質的に影響のある貸倒引当金の計算、合併に関する処理についてまとめました。
なお、従来は2級での出題範囲とされていた「減資」は、新しい出題区分表では1級の範囲となっております。

10.01.25 更新

「合格テキスト 日商簿記2級商業簿記 Ver4.0」をお持ちの方へ

「商法」の改正および「役員賞与の会計処理に関する当面の取扱い」の公表により、以下の書籍に変更の必要な箇所が発生いたしました。
それぞれ対応書籍の『改正対応レジュメ』をご確認いただきますよう、お願いいたします。

10.01.25 更新

「日商2級 とおるテキスト 商業簿記 Ver.2.0」
「日商2級 とおるゼミ 商業簿記 Ver.2.0」
「'05冬春対策 日商2級 出題パターンと解き方 過去問題集」
「日商2級 予想問題集 Ver12.0」
「日商2級 LIVE in 合格セミナー商業簿記 Ver.2.0」

「商法改正により、新株発行の際、株主となる日が「払込期日の翌日」から「払込期日」と変更になりました。そのため、資本金となる日も従来の「払込期日の翌日」から「払込期日」になります。
以下の書籍に変更が生じますので、修正の上、ご利用いただくようお願い申し上げます。