中小企業診断士

書店売上No.1※シリーズのラインナップを見る
※紀伊國屋書店/三省堂/TSUTAYA/丸善&ジュンク堂(各社調べ50音順)
2016年8月~2018年6月 全国チェーン売上累計(中小企業診断士試験受験対策書籍)

企業経営理論とは?

【企業経営・企業診断の基礎となる科目!】
この科目は、経営戦略論、組織論、マーケティング論の3つの内容で構成されています。事業領域の決定に関する「経営戦略論」、経営資源のヒトに関連する「組織論」、消費者へのアプローチに関連する「マーケティング論」を学習していきます。

これらは、企業の経営に関する現状分析及び問題解決、将来の事業計画策定に必要不可欠な知識といえます。

また、企業に関するベーシックな論点であることから、1次試験だけでなく、2次試験の「事例Ⅰ(組織【人事を含む】)」と「事例Ⅱ(マーケティング・流通)」においても中心課題となる最も重要な科目と位置付けられています。

多くの受験生にとって関心の高い学習内容ですが、本試験で高得点をとるのは難しい科目です。まずは基本書等で基礎知識をしっかり身に付けましょう。

企業経営理論の試験時間・配点(第1次試験)

第1次試験は、7科目(8教科)、択一マークシート形式(四肢または五肢択一式)で実施されます。

試験日程 試験科目 試験時間 配点
第1日目 午前 1.経済学・経済政策 60分 100点
2.財務・会計 60分 100点
午後 3.企業経営理論 90分 100点
4.運営管理(オペレーション・マネジメント) 90分 100点
第2日目 午前 5.経営法務 60分 100点
6.経営情報システム 60分 100点
午後 7.中小企業経営・中小企業政策 90分 100点
試験時間・配点(第1次試験)
第一日目 午前
1.経済学・経済政策(試験時間 60分 / 配点 100点 )
2.財務・会計(試験時間 60分 / 配点 100点 )
第一日目 午後
3.企業経営理論(試験時間 90分 / 配点 100点 )
4.運営管理(オペレーション・マネジメント)
(試験時間 90分 / 配点 100点 )
第二日目 午前
5.経営法務(試験時間 60分 / 配点 100点 )
6.経営情報システム(試験時間 60分 / 配点 100点 )
第二日目 午後
7.中小企業経営・中小企業政策
(試験時間 90分 / 配点 100点 )

企業経営理論の概要・特徴と攻略法

企業経営理論の概要

企業経営理論では、①経営戦略、②組織論、③マーケティングの3分野について学習します。教科書の内容を単に暗記するのではなく、各論点の特徴を、頭の中にイメージできるような学習を心がけましょう。

経営戦略/組織論/マーケティング
経営戦略
経営戦略の全体像や、成長戦略、競争戦略など、企業の戦略について学習します。
組織論
組織構造論(組織の形や仕組み)とメンバーの行動面や心理面に着目した組織行動論などを学習します。
マーケティング
基本となる4Pの戦略(製品・価格・物流・プロモーション)や消費者の行動などが学習の中心となります。

企業経営理論の特徴と攻略法

特徴
単に単語の意味を問うような問題はほとんどない
問題文(選択肢)がかなり複雑
攻略法
過去問や問題集で出題パターンを確認しながら学習しよう!

興味深い内容のわりには得点しにくい科目ですが、出題パターンを確認して知識を適用できるようにしましょう。
また、繰り返し問われる頻出論点は必ず押さえましょう。

※学習をサポートする教材を、下記「企業経営理論の学習法の学習法」にて紹介しています。

企業経営理論の学習法

経営戦略は、文章の正誤を判断する文章正誤問題(4択または5択)がほとんどですが、単に暗記しただけではなかなか点数に結びつきません。かつ、問題文章が独特の言い回しのため、文章の意味がわかりにくく、わかるまでに時間がかかる場合があります。ドメイン、競争戦略論、PPM、製品アーキテクチャ等の頻出分野を中心に知識を整理して、頭にイメージができるようにしましょう。

組織論は、経営戦略と同じく、文章正誤問題がほとんどとなります。経営組織論と人的資源管理は、単に暗記しただけでは点数に結びつかない問題がほとんどですが、労働関連法規は、人数、年数など、覚えていないと得点できない問題が出題されます。特に経営組織論の頻出分野を中心に知識を整理して、頭にイメージできるようにしましょう。また、労働関連法規は、知っていないと得点できない問題がほとんどのため、基本書等の重要ポイントを中心に覚えてください

マーケティング論は、ターゲットマーケティング、マーケティングリサーチ、消費者の購買行動、4P(製品、価格、チャネル・物流、プロモーション)について出題されます。経営戦略、組織論と同様に文章正誤問題がほとんどですが、穴埋め問題が出題される年もあります。穴埋め問題は出題数も少なく、文章正誤の対策をしておけば対応できる問題がほとんどですので、特に対策は必要ありません。文章正誤問題では、10行程度のマーケティングに関するシチュエーションが書かれており、その中の単語や文章について2問から3問の設問が出される問題もあります。頻出分野を中心に知識を整理して、身近な実例がある場合は結びつけて学習をしましょう。

なお、すべての分野について、出題のされ方を知るだけでなく、問題文の独特の言い回しに慣れるため、過去問は絶対に繰り返し解くようにしましょう。

TAC出版の
『中小企業診断士の書籍』はココが違う!

TAC出版では、学習スタイルで選べる2シリーズをご用意!!

図解で理解!:みんなが欲しかった!中小企業診断士の教科書

【独学者目線】で思いっきりわかりやすい!「みんなが欲しかった!」シリーズに、中小企業診断士が登場!

無料立ち読み

合格に必要な基本論点を、見やすいフルカラーレイアウトで思いっきりわかりやすくまとめています。科目別に分冊できるので、持ち運びラクラク。忙しい仕事の合間にも学習できます。暗記に役立つ赤シートつきです。

【本書の特徴】

  • 初学者でもスムーズな学習開始ができます!
    本書の最初には、中小企業診断士試験に初めてチャレンジする方へ試験制度、学習科目など確認できる「オリエンテーション」をご用意しました。各科目の冒頭には学習ガイダンスを掲載。
    学習内容を把握し、「傾向と対策」で学習にあたっての留意点を確認してから本編に進めます。
    科目の全体像を示す体系図や各Chapterの概要として具体的な学習項目を一気に確認できます。
  • 論点をやさしい言葉でわかりやすく説明!
    論点をやさしい言葉でわかりやすくまとめ、コンパクトでも理解しやすい内容を心がけました。
  • カラーで見やすい図や板書で、パッと見てわかる!
    フルカラーで見やすい図版とこだわり抜いた板書で、わかりにくいポイントを徹底的に整理しています。
    重要事項もパッと見てわかります。復習の際にも効果バツグン!
  • 充実の側注!
    絶対に押さえるべき内容は本文に、参考事項や発展的な内容は側注に載しています。
    語句の説明や細かい内容でも本試験で予想される事項、本文を読んだ後にすぐに確認したい過去問などをまとめています。
  • Chapterごとに「ミニテスト」付!
    Chapterの最後にミニテストを掲載しています。理解の確認と知識の定着を図りながら学習を進めていくことができます。
  • 持ち歩きやすい分冊式!
    上下巻に分かれている本書。上巻には、企業経営理論、財務・会計、運営管理の3科目、下巻には、経済学・経済政策、経営情報システム、経営法務、中小企業経営・中小企業政策の4科目を収載しています。
    さらに、科目ごとに分冊できるので、今学習したい科目をラクラク持ち歩けます。
  • 問題集の併用でインプットもアウトプットもはかどります!
    本書に完全準拠のみんなが欲しかった!中小企業診断士の問題集で知識をしっかりと定着させましょう!

科目別で学習!:最速合格のためのスピードテキスト

★1次2次対応!★ 中小企業診断士試験の合格に必要な知識を科目別に凝縮!
簡潔かつ的確な記述で要点をコンパクトにまとめ、名前の通り「スピード合格」へと導くテキストです! 

無料立ち読み

本書は中小企業診断士試験の合格に必要な知識を科目別に凝縮、簡潔かつ的確な記述で、要点をコンパクトにまとめています。まさに「スピードテキスト」という名前の通り、スピード合格へと導くテキストです!TAC中小企業診断士講座で実際に使用されている「公式テキスト」であり、安心感も抜群!
第2次試験にも対応しています。

【本書の特徴】

  • 記述が簡潔・的確だからわかりやすい 
  • 合格に必要な要点だけに絞り込んでいる
  • 体系図で全体を把握できる
  • 図や表が豊富で初学者にも安心
  • 索引が充実しているから独学に最適
  • 1次試験・2次試験に対応!

【本書の利用方法】

  • 「本章の体系図」と「本章のポイント!」で全体像を把握する
  • 設例を利用して本文でインプット学習
  • 「出題領域表」と付け合せながら、本試験との関係を確認する

⇒これが合格への近道です!

中小企業診断士 参考書 ベストセラー

中小企業診断士のおすすめ情報