FE 基本情報技術者試験

基本情報技術者試験とは?

「基本情報技術者試験」は経済産業省が認定する国家試験で、コンピュータシステムの開発技術や構築技術についての技術レベルを認定する試験です。IT分野で仕事をする人、大学·専門学校で情報系学科を卒業した人の必須レベルであると考えられており、多くの企業や学校が資格の取得を奨励しています。また、IT分野の職種への就職、転職にも大きなアドバンテージとなる資格です。

試験制度について

【重要】情報セキュリティマネジメント試験、基本情報技術者試験について

情報セキュリティマネジメント試験と基本情報技術者試験の実施方式・採点方式、出題形式が変更になりました。
詳細につきましては、情報処理推進機構(IPA)のホームページをご覧ください。

情報処理推進機構(IPA)のホームページはこちら >

試験内容

試験時間·出題形式·出題数·解答数

試験区分 科目A 科目B
90分 100分
出題形式 出題数 出題形式 出題数
解答数 解答数
基本情報技術者 多肢選択式
(四肢択一)
60問 多肢選択式 20問
60問 20問
試験区分
基本情報技術者
科目A
90分
出題形式 出題数 解答数
多肢選択式
(四肢択一)
60問 60問
科目B
100分
出題形式 出題数 解答数
多肢選択式 20問 20問

○科目A試験の出題分野

出題分野
テクノロジ系
基礎理論、アルゴリズムとプログラミング、、コンピュータ構成要素、システム構成要素、ソフトウェア、ハードウェア、データベース、ネットワーク、セキュリティ、システム開発技術など
マネジメント系
プロジェクトマネジメント、サービスマネジメント、システム監査など
ストラテジ系
システム戦略、システム企画、経営戦略マネジメント、技術戦略マネジメント、ビジネスインダストリ、企業活動、法務など

○科目B試験の出題分野

出題範囲 出題数割合
①プログラミング全般に関すること
実装するプログラムの要求仕様(入出力、処理、データ構造、アルゴリズムほか)の把握、使用するプログラム言語の仕様に基づくプログラムの実装、既存のプログラムの解読及び変更、処理の流れや変数の変化の想定、プログラムのテスト、処理の誤りの特定(デバック)及び修正方法の検討など
注記:プログラム言語について、基本情報技術者試験では疑似言語を扱う。
16問/20問
②プログラム処理の基本要素に関すること
型、変数、配列、代入、算術演算、比較演算、論理演算、選択処理、繰返し処理、手続・関数の呼出しなど
③データ構造及びアルゴリズムに関すること
再帰、スタック、キュー、木構造、グラフ、連結リスト、整列、文字列処理など
④プログラミングの諸分野への適用に関すること
数理・データサイエンス・AIなどの分野を題材としたプログラムなど
⑤情報セキュリティの確保に関すること
情報セキュリティ要求事項の提示(物理的及び環境的セキュリティ、技術的及び運用のセキュリティ)、マルウェアからの保護、バックアップ、ログ取得及び監視、情報の転送における情報セキュリティの維持、脆弱性管理、利用者アクセスの管理、運用状況の点検など
4問/20問

採点方式および合格基準

IRT(項目応答理論)に基づいて解答結果から評価点を算出する。
各科目(科目A試験、科目B試験)の評価点が全て基準点以上の場合に合格とする。

試験区分 科目 配点 基準点
基本情報技術者試験 科目A 1,000点満点 科目評価点:
600/1,000点満点
科目B 1,000点満点 科目評価点:
600/1,000点満点

試験案内

試験実施日

試験区分および試験会場ごとに試験実施日が異なります。試験実施業務の委託先の株式会社CBT-Solutions(シー・ビー・ティー・ソリューションズ)ホームページにてご確認ください。
*現時点(2023年12月現在)のCBT方式での実施に関する内容となり、今後変更となる可能性があります。

受験資格

特になし

難易度

レベル2 ★★☆☆

合格率

年度 応募者数 受験者数 合格者数 合格率
平成30年度秋期 82,347 60,004 13,723 22.9%
平成31年度春期 77,470 54,686 12,155 22.2%
令和元年度秋期 91,700 66,870 19,069 28.5%
令和2年度10月 60,411 52,993 25,499 48.1%
令和3年度下期 60,529 52,879 21,190 40.1%
令和4年度上期 53,739 46,023 18,215 39.6%
令和4年度下期 63,828 55,548 19,798 35.6%
令和5年度上期 64,331 56,219 29,085 51.7%

情報処理 参考書 ベストセラー

注目の新刊書籍