IP ITパスポート試験

ITパスポート試験とは?

「ITパスポート試験」は経済産業省が認定する国家試験で、年間約10万人近くが申し込みをする人気資格です。
ITの知識だけでなく、簿記やマネジメントなどの内容も含んでおり、どの業界にも活かせる幅広い知識が身につきます。
いまや、どのような企業で働くにもITスキルは必要不可欠。あらゆる業界でプラスになる資格です。

試験制度について

試験内容

試験時間 120分
出題数 小問:100問
出題形式 四肢択一式
出題分野 分野 出題数
ストラテジ系(経営全般) 35問程度
マネジメント系(IT管理) 20問程度
テクノロジ系(IT技術) 45問程度
合格基準 総合評価点、分野別評価点のすべてが次の基準を満たすこと

【総合評価点】

600点以上/1,000点(総合評価の満点)

【分野別評価点】

ストラテジ系 :300点以上/1,000点(分野別評価の満点)
マネジメント系:300点以上/1,000点(分野別評価の満点)
テクノロジ系 :300点以上/1,000点(分野別評価の満点)
採点方式 IRT(Item Respons Theory:項目応答理論)に基づいて解答結果から評価点を算出

※総合評価は92問で行い、残りの8問は今後のITパスポート試験で出題する問題を評価するために使われます。
分野別評価はストラテジ系32問、マネジメント系18問、テクノロジ系42問で行います。

試験実施日

ITパスポートはCBT(Computer Based Testing)方式で実施されます。CBT方式とは、コンピュータを利用して実施する試験形式のことです。試験は随時実施されますが、試験会場ごとに試験実施日が異なります。
試験開催状況は情報処理推進機構(IPA)のホームページにてご確認ください。

情報処理推進機構(IPA)のホームページはこちら

受験資格

特になし

難易度

レベル1 ★☆☆☆

合格率

応募者数 受験者数 合格者数 合格率
平成29年4月~平成30年3月迄累計 94,298 84,235 42,432 50.4%
平成30年4月~平成31年3月迄累計 107,172 95,187 49,221 51.7%
平成31年4月~令和元年3月迄累計 117,923 103,812 56,323 54.3%

情報処理 参考書 ベストセラー

情報処理のおすすめ情報