試験科目と目標点

宅建士試験は、2時間で50問を解く試験です。解答方式はマークシートで、四肢択一方式により行います。
記述式の問題がないので、比較的取り組みやすい試験です。


科目 出題数 問題番号 目標点
宅建業法
宅建業法 出題数20問 問題番号第26問~第45問 目標点18点
民法など
民法など 出題数14問 問題番号第1問~第14問 目標点8~10点
法令上の制限
法令上の制限 出題数8問 問題番号第15問~第22問 目標点5点
税・その他
税・その他 出題数8問 問題番号第23問~第25問
第46問~第50問
目標点5点

尚、第46問~第50問については、宅建業に従事している方で、登録講習を修了した一定の方(登録講習修了者)は、免除されます。

宅建業法

重要事項の説明(買主、借主が契約前に知っておくことについて)や37条書面(いわゆる契約書。契約書に記載すべきことについて)など、その名のとおり、宅建士になってからも必要となる内容です。
比較的得点しやすい科目なので、ここで点数を稼いでおきましょう。

民法等

民法(意思表示、代理、賃貸借、抵当権、相続など)や借地借家法(土地や建物を借りる人を保護する法律)、不動産登記法(不動産の登記に関する法律)などが出題されます。
苦手とする受験生も多いのですが、暗記に頼る学習は危険です。日常生活と深く関わってくる分野ですので、必要事項についての理解を中心とする学習を心がけましょう。

法令上の制限

国土利用計画法(地価上昇の抑制と土地の合理的利用のため、届出等を定めたもの)、都市計画法(住み良い街づくりのため、 開発行為に対して定めたもの)、建築基準法(人の命や健康のため、建物の建築にあたって定めたもの)、農地法(食料確保のため、 農地売買や転用について定めたもの)などが出題されます。
この科目は、暗記ものが多いので問題集を繰り返し解いて、本試験までコツコツと知識を頭に入れていきましょう。

税・その他

税金や土地・建物などから出題されます。
範囲が広いので、過去問題から出題範囲を確認し、要点を押さえる学習が必要になります。
ただし、不動産業界に関する統計問題が毎年1問出題されますので、過去問題に加え、最新の統計問題が入手できる教材を選ぶとよいでしょう。

合格率と基準点の関係は?

決まった合格基準点はなく、毎年異なりますが、50点満点で31点から36点となっています。
合格率は、15%から17%台と安定しています。


難しい問題が出題されたときは、合格基準点が下がり、比較的易しい問題が出題されたときは、合格基準点があがります。
合格基準点は、問題の難易度によって変化しますが、問題が難しい年でも基本的な問題でしっかり得点できるかが合否を分けます。


申込者数 受験者数 合格者数 合格率 合格点
平成28(2016)
平成28(2016) 申込者数245,742 受験者数198,463 合格者数30,589 合格率15.4% 合格点35点
平成27(2015)
平成27(2015) 申込者数243,199 受験者数194,926 合格者数30,028 合格率15.4% 合格点31点
平成26(2014)
平成26(2014) 申込者数238,343 受験者数192,029 合格者数33,670 合格率17.5% 合格点32点
平成25(2013)
平成25(2013) 申込者数234,586 受験者数186,304 合格者数28,470 合格率15.3% 合格点33点
平成24(2012)
平成24(2012) 申込者数236,350 受験者数191,169 合格者数32,000 合格率16.7% 合格点33点
平成23(2011)
平成23(2011) 申込者数231,596 受験者数188,572 合格者数30,391 合格率16.1% 合格点36点
平成22(2010)
平成22(2010) 申込者数228,214 受験者数186,542 合格者数28,311 合格率15.2% 合格点36点
平成21(2009)
平成21(2009) 申込者数241,944 受験者数195,515 合格者数34,918 合格率17.9% 合格点33点
平成20(2008)
平成20(2008) 申込者数260,591 受験者数209,415 合格者数33,946 合格率16.2% 合格点33点
平成19(2007)
平成19(2007) 申込者数260,633 受験者数209,684 合格者数36,203 合格率17.3% 合格点35点

宅地建物取引士ベストセラー

宅地建物取引士のおすすめ情報