勉強の流れと使用教材

初めて宅建士試験にトライする方は、合格までの勉強の流れを大きく3つの段階に分けて考えましょう。


  1. 基礎学習 ・・・基礎知識の定着
  2. 過去問演習・・・本試験レベルの問題演習
  3. 直前対策(仕上げ)・・・弱点の発見と実力の最終チェック

それぞれの段階で必要な書籍をご紹介します。

基礎学習

基礎学習では、本試験問題を解くための基礎知識を身につけます。ここで準備するのは、基本テキスト問題集になります。


基本となるテキスト(教科書)は、最低でも2回は読みましょう。初めて学習される方は、はりきって最初からテキストの内容を覚えながら読もうとしてしまい、学習が進むにつれて、覚えることが多くなってくると勉強が苦しくなってしまいがちです。
1回目は、全体像を掴んだり、内容を理解する程度でいいので、ざっくり読み通してみましょう。
2回目から熟読し、知識を定着させる作業を行うことをおすすめします。
独学で勉強をする場合には、間違った覚え方をしていないか、正しく理解できているかを確認しながら基礎学習を進めていきましょう。


そこで必要になるのが、問題集です。問題集は、テキストと併用(テキストと問題集がリンクしているもがベスト)して、使いましょう。
テキストで学習した内容(論点)をすぐに問題集で解くことで、正しく理解できているかのチェックと、知識の定着を図ることができます。
問題集を後でまとめて行うと、だいぶ前に学習した内容は思い出す作業が入ってしまうので大変効率が悪いです。
基礎学習の段階では、過去問題が論点別に収録された問題集を使いましょう。
学習の早い段階で過去問題に触れるのは、本試験問題のレベルがわかるので、どこまでの理解が必要かがわかります。

宅地建物取引士 テキスト一覧

宅地建物取引士テキストはこちら

宅地建物取引士 過去問題集(論点別過去問題集)

宅地建物取引士問題集はこちら

宅地建物取引士テキストと問題集のセット(15%OFF)はこちら

宅地建物取引士 テキスト&問題集一体型

宅地建物取引士テキスト&問題集一体型はこちら

過去問演習

どんな試験でも過去問対策は必須です。
この段階で準備するのは、過去問題が本試験形式で収録された問題集になります。


ここでは、基本的な問題をしっかり得点できる力を身につけていきます。
どの受験生も過去問対策は必ず行ってきます。ライバルに差をつけるには、難問・奇問を解ける練習ではなく、例年出題されるような重要度の高い問題をしっかり得点できる訓練をします。
よって、過去問題集を選ぶ際には、問題に重要度(ランク)がつけられているものを選ぶことも忘れずに。

宅地建物取引士 年度別過去問題集

宅地建物取引士年度別過去問題集はこちら

直前対策(仕上げ)

過去問題集を繰り返し解いて、過去問題はもう大丈夫!と思ったところで直前対策です。
ここで準備するのは、予想問題集になります。


何度も問題を解き直していると、無意識に暗記に頼って(答えを覚えて)しまいます。

  • ・問題の問われ方が変わったり、選択肢の組み合わせが変わっても、きちんと解答できるか。
  • ・本当に弱点(理解が不十分なところ)はないか。
  • ・制限時間内に問題が解けるか。

といったところを、最終チェックする必要があります。
また、最新の統計問題を解くことができますので、最後は予想問題集で仕上げることをおすすめいたします。

宅地建物取引士直前対策はこちら

宅地建物取引士ベストセラー

宅地建物取引士のおすすめ情報