清文社

平成30年1月1日以後適用 広大地評価はこう変わる 「地積規模の大きな宅地の評価」の新実務

  • 一般書・実務書

  • 相続税・贈与税

  • 清文社

定価 2,160円(本体価格+税)

会員価格
1,944円(本体価格+税)

10%OFF!

【清文社】税法・会社の税務:相続税・贈与税
注目される改正内容や適用要件から、改正の影響・実務上の留意事項までを土地評価のプロが解説!

書籍コード番号: 92507

奥付日付: 2017-10-25


ページ数: 200 ページ

判型: B5

刷り色: 1C


ISBNコード: 9784433625078

定価 2,160円(本体価格+税)

会員価格
1,944円(本体価格+税)

会員なら送料無料 詳細

在庫なし

※ご購入・お申込後のご注文取消、
お客様都合による返品は承っておりません。

あなたにおすすめの商品

この書籍を買った人は、こんな書籍を買っています

書籍内容

【 改正前後の実務の要点を土地評価のプロが解説! 】注目される改正内容や適用要件から、改正の影響・実務上の留意事項までを土地評価のプロが解説!

広大地評価廃止→新通達により適用要件が明確化!




【著者略歴】
吉村一成(よしむら かずなり)
昭和59年 同志社大学商学部卒業
平成24年 大阪国税局を辞職
現在 税理士・不動産鑑定士・1級FP技能士・宅地建物取引士
芦屋大学客員教授
(社)大阪府不動産コンサルティング協会理事

目次

第1編 社会経済情勢と広大な土地の評価の変遷
第1章 広大な土地の評価の変遷
第2編 改正前の広大地評価
第2章 改正前の広大地評価
第3章 広大地評価にみる財産評価と不動産鑑定評価
第4章 広大地評価の適用基準
第3編 地積規模の大きな宅地の評価
第5章 新通達の概要
第6章 新通達の適用要件
第7章 通達改正の影響
第8章 新通達によって評価減となる事例
第9章 新通達と併用可能な減価補正

あなたが最近チェックした商品